« 【頌春】あけましておめでとうございます | トップページ | お前は牧野由依さんのことがどれだけ好きなんだ? »

2008/01/21

画質や音質が作品内容に与える影響について…

『雲のむこう、約束の場所 -The place promised in our early days-』COMPLETE BOOK『雲のむこう、約束の場所 -The place promised in our early days-』
  (原作・監督:新海 誠)

 お久し振りです。

 たまにはエントリをアップして、生きていることをアピールしないとね。


 さて今回のお題は、画質や音質の良し悪しが、作品内容に与える影響についてです。

 2007年12月 1日(土曜日)に開局にしたBS11デジタルは、そのラインアップの豊富さから、自分が今、注目している放送局です。

 既にたくさんの作品が放送されていますが、今回はその中から、昨年末に放送された『雲のむこう、約束の場所』と、今年から放送が開始された『GUNSLINGER GIRL』を取り上げます。



 自分は普段から、画質や音質の良し悪しが、その作品の外見だけでなく内容にも、多大な影響を与えると思っています。
 ですので、「低画質、低音質でも構わない」という意見を耳にする度に、悲しい気持ちに打ち拉がれています。
 そしてBS11デジタルで放送された『雲のむこう、約束の場所』は、自分のこの思いを裏付けるものでした。
 この作品はその昔、ANIMAX だったか、NHK BS2 だったかのSD映像で観たことがあります。
 ですがそのときの感想は、「『ほしのこえ -The voices of a distant star-』ほどではないなぁ」でした。
 いや、正直にいうと、自分の頭が作品についていかなったのです。
 ところが・・・
 正月休みに観直した『雲のむこう、約束の場所』は、実に良かったです。
 新海作品の真骨頂ともいうべき、観る者の心を奪う背景美術は、HD映像によって活きてくる。
 まるで生き物が呼吸しているかのような、電車内のパーティションラインにそって反復運動する反射光は、新海作品の一つの到達点といっても過言ではないでしょう。
 このあたりから自分は、作品世界に没頭していました。
 だからこそ観終えた後には、「ユニオンの塔の破壊によってなくした沢渡 佐由理(CV:南里 侑香)の想いを、これからゆっくりと取り戻していくのだろう」と、清々しい気持ちになれました。
 SD映像で観たときには得られなかった気持ちが、HD映像では自分の中に芽生えた。

 自分はこの体験をもって、画質や音質の良し悪しが、その作品の外見だけでなく内容にも、多大な影響を与えると言い切れます。



『GUNSLINGER GIRL』DVD-BOX『GUNSLINGER GIRL』
   (監督:浅香 守生)

 そして今、BS11デジタルANIME+枠で同じく南里 侑香さんがヒロインを務める『GUNSLINGER GIRL』を、アップコンバートながらHD映像で鑑賞しています。

 随分前に ANIMAX で鑑賞した作品ですが、これは観直す価値が充分にあります。
 空薬莢が地面に落ちるときの乾いた音がとても耳に心地良くて、もっとボリュームを上げたくなります。
 「少年 - ragazzo -」(脚本:武上 純希・植野 慶子)に於ける、リコ(CV:三橋 加奈子)とエミリオ(CV:サエキ トモ)の悲しい邂逅が、心にグッ!ときました。

 『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』(総監督:石踊 宏)にも、それ相応の画質や音質が必要なのだと思います。


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【頌春】あけましておめでとうございます | トップページ | お前は牧野由依さんのことがどれだけ好きなんだ? »

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/17768342

この記事へのトラックバック一覧です: 画質や音質が作品内容に与える影響について…:

« 【頌春】あけましておめでとうございます | トップページ | お前は牧野由依さんのことがどれだけ好きなんだ? »