« 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』(16:9と4:3の両立) | トップページ | 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』第9回「夢の最後まで」 on BS-i »

2007/12/16

【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』第9回「夢の最後まで」 on MBS

DramaCD『CLANNAD -クラナド-』Vol.1 古河 渚TVシリーズ
『CLANNAD -クラナド-』

 (監督:石原 立也)

 このエントリは、Akihiro Inda.の平凡な感想を淡々と認める物です。

 過度の期待はしないでください。

 あと、部屋は明るくして、パソコンから1メートルは離れて読みやがって下さい。 ♪BGM『夢航海路』(唄:みなみけ3姉妹)


 ということで、たいへんお久し振りです、『みなみけのみなきけ』です。
 ようやく溜まっていた未視聴番組を消化できましたので、『CLANNAD -クラナド-』の感想を認めます。



DramaCD『CLANNAD -クラナド-』Vol.2 一ノ瀬 ことみ「夢の最後まで」

 MBS(毎日放送)では16日(日曜日)にようやく、第9回「夢の最後まで」が放送されました。

 ここまで『CLANNAD -クラナド-』を観てきて思うことを、物凄く正直にタイプすると、「ついていけないなぁ」です。


 これはいつもお世話になっているたこーすけさんの、5部構成からなるたいへん深い第9回の考察を読んで、その思いを余計に強めました。 (リンク:その1その2その3その4その5補足



『ゴースト/ニューヨークの幻』スペシャル・デラックス・エディション『ゴースト/ニューヨークの幻』
   (監督:ジェリー・ザッカー)

 さて皆さんは、この映画をご存じでしょうか?

 全世界で$500,000,000-を稼ぎ出した映画だそうなので、ご存じの方も多いことでしょう。

 自分は当時この映画を、馬鹿馬鹿しくて観ていられませんでした。


 今でも「どうして多くの人はこれに感動できるのだろう?」と、不思議で不思議で仕方ありません。
 何が馬鹿馬鹿しいかというと、ゴーストが物を擦り抜けるという映像表現です。
 作品内でゴーストになったサム・ウィート(役者:パトリック・スウェイジ)が、擦り抜けてしまう物に触れる練習を始めます。
 ニューヨークの地下鉄のプラットフォームで、落ちている空き缶を蹴り飛ばす練習をします。
 その足でしっかりと、プラットフォームの上に立ってね・・・
 物に触れられないのなら、プラットフォームのコンクリートさえも擦り抜けてしまうはずですよね?
 他にもサムは、恋人のモリー・ジェンセン(役者:デミ・ムーア)が住むマンションの階段を、力強い足取りでどんどんと駆け上がるのですよ。
 物に触れられないゴーストなのにね。(苦笑)
 作品全編にわたって、最重要設定であるはずのゴーストが物に触れられる/触れられないの基準が、ご都合主義に則りすぎなのです。



DramaCD『CLANNAD -クラナド-』Vol.3 伊吹 風子翻って、『CLANNAD -クラナド-』はどうでしょうか?

 伊吹 風子(CV:野中 藍)の姿が見える/見えないはギリギリでOKだとしても、木彫りのヒトデを風子が伊吹 公子(CV:皆口 裕子)に手渡しするのはNGでしょう。

 風子に付随する物のうち、いったいどこまでが見えていて、どこからが見えないのかという映像表現が、ご都合主義に則りすぎなのです。

 もっと正確にタイプすると、作品に対してリテラシの低い自分には、そのリアリティ溢れる映像に引っ張られて、こういったフィクションを作品内リアリティとして処理し切れないのです。

 そんなこんなでたこーすけさんを初めとして、多くの人がこの第9回に心打たれています。
 でも自分は、作品世界にのめり込めていません。
 「風子は『Kanon』(監督:石原 立也)の月宮 あゆ(CV:堀江 由衣)と同じギミックで、舞台を学校全体に広げて多くの人を巻き込み、作品のスケールアップを狙ったのか」と、冷静に判断しています。
 プチプチと切れながらコロコロとBGMが変わる度に、自分のテンションはどんどん下がっていきます。
 皆さんの感想を拝見しますと、原作ソフトをプレイされた方には、このBGMが泪を誘っているようです。
 ところが自分には、プチプチとテンションが切れていく印象しか残りませんでした。
 自分と似たような意見を求めて検索を続けたのですが、そんなものは見当たらず、むしろこの第9回は絶賛の嵐です。

 恐らくは自分が享受できなかっただけで、この第9回にはたくさんの感動が詰まっているのでしょう。



DramaCD『CLANNAD -クラナド-』Vol.4 藤林 杏 もう一つ、について。

 自分自身で自覚していることを、そのままタイプしてみます。

 自分は以前からタイプしているように、テレビではなくラジオが生活の基本です。

 絵ではなくが基本なのです。

 すると新作品に触れるときに真っ先にインプットされるのは、そのキャラクタの名前ではなくになります。


 そうなると、これはどの作品に対してもそうなのですが、なかなか自分の中で、「声優が演じているキャラクタ」から「キャラクタそのもの」になりません。
 自分は聞き慣れない声だと「そのキャラクタ」として捉えられますが、聞き慣れた声だと「そのキャラクタ」として捉えられず、なかなか作品世界に没頭できません。
 今回、風子は最初から野中さん寄りのキャラクタだったので大丈夫だったのですが、公子は最後まで自分の中では皆口さんそのものでした。
 皆口さんの声はただでさえも特徴的なのだから、その声を喰ってしまうぐらいのキャラクタでないといけないはずなのに、公子は『Kanon』の水瀬 秋子と大差ないという認識でいます。
 自分は『AIR』(監督:石原 立也)、『Kanon』と関連作品を観てきているので、同じ声が出てくると、「何か関連があるのでは?」と勘繰ってしまいます。



DramaCD『CLANNAD -クラナド-』Vol.5 坂上 智代「見えるもの、
  見えないもの」

 奇しくもそんな折、いつもお世話になっているてりぃさんが、「見えるもの、見えないもの」というエントリをアップされていました。

 これは自分が昔から思い続けていることで、たいへん共感を覚えました。

 きっと自分には、多くの人が感動している『CLANNAD -クラナド-』の姿が見えていないのでしょう。

 今週末21日(金曜日)、BS-iでの第9回「夢の最後まで」の放送を観て、今度こそ『CLANNAD -クラナド-』で感動したいと思います。
 4:3から受ける印象と16:9からのそれは明らかに異なるので、そこを足掛かりにしたいと思います。



※ 追記
 ということで、そのBS-i版を鑑賞してのエントリをアップしました。
 宜しくお願いします。



 それでは、よしなに。(敬称略)

 P.S.前回のエントリに対して訂正を掛けます。
   2007年秋No.1の作品は、『ef -a tale of memories.』(監督:大沼 心)とさせて下さい。

|

« 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』(16:9と4:3の両立) | トップページ | 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』第9回「夢の最後まで」 on BS-i »

『CLANNAD』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

うわ、すごくフィーチャーされてる!!
ありがとうございます。
こんばんは、たこーすけです!
うぐぅ…痛いところを…

Akihiro Inda.さんが挙げてらっしゃる点、
「風子および風子に付随する物(ヒトデ)の可視不可視、可触不可触のご都合主義」と、
「公子さんのキャラが、いまいち立っていない」。
これこそが、ぼくの第9回感想が、過去の長文感想にも増して、長々としたものになってしまったポイントそのもので(あ。ぼくの感想と対応させて下さっているということか…?)。

しかし、結局、「描かれていないエピソードがあるのでは?」というところに落とし込んでみたという感じで…

うー。
立脚点を異にするものの(ぼくの号泣と、Akihiro Inda.さんのテンション低下)、抱いているポイントは同じなのだと思います。
うーん。もう少しまとめてから、改めて書き込ませていただきます。

ひとまず、それではー!

投稿: たこーすけ | 2007/12/18 03:01

 たこーすけさん、こんばんは。

 早速のリアクション、ありがとうございます。
 お読み頂けて嬉しいです。(^^)
 しかし、AM 3:01 とは…
 最近は気温もかなり低くなりますので、どうぞご自愛下さい。


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2007/12/20 00:31

こんばんは、たこーすけです。

Akihiro Inda.さん、BS-iでの第9回ではいかがだったでしょうか。
ちゃんとしたコメントが、BS-i第9回に間に合わなくて、すみません…
こちらに書き込ませて頂こうと思っていた事柄とは、またちょっと違うものではありますが、自分の第9回感想の補足を書きました。
トラックバックをお送りいたしますー。

こちらへのコメントの続きは、また後日で…すみません…

また、体調へのお気遣い、大変ありがとうございます!
風邪とか、気をつけます。
早寝しないとなー。

それではー!

投稿: たこーすけ | 2007/12/22 22:33

 たこーすけさん、こんばんは。

 ということで、BS-i版の感想をアップしました。
 TBもお送りしました。

 宜しくお願いします。

投稿: Akihiro Inda. | 2007/12/23 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/17389681

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』第9回「夢の最後まで」 on MBS:

» CLANNAD 第9回 「夢の最後まで」  [たこーすけの、ちょろっと感想]
こんばんは、たこーすけです。 「CLANNAD」第9回を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。 原作ゲームは未プレイです。 以下、原作未プレイ者が好き勝手に感想を書いています。とんちんかんな点も御座いましょうが、どうか御了承下さい。 また、第9回までの内容・ネタバレを含みます。視聴前の方にはお薦め出来ません。 Last modified: 2007-11-30 05:30... [続きを読む]

受信: 2007/12/18 02:43

» CLANNAD 第9回感想 (補足) [たこーすけの、ちょろっと感想]
この記事は、下の「CLANNAD 第9回感想 (その2)から(その5)」の補足です。 下の記事から御覧下さい。 Last modified: 2007-12-22 20:00 [続きを読む]

受信: 2007/12/22 22:30

» CLANNAD 第9話 「夢の最後まで」 [ゼロから]
学校に泊り込む伊吹風子と朋也。原作では、当然古河渚は居ません。このシーンで渚が居るのは、面白いですね。 [続きを読む]

受信: 2007/12/23 20:19

» 見えるもの、見えないもの [Old Dancer's BLOG]
 京都アニメーションに関して。ちょっと話題になったようですので、私も少々釣られてみましょうか。つーても、私が言いたいことの半分ぐらいは、りとまてのなしおさんが的確に言い... [続きを読む]

受信: 2007/12/29 00:35

« 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』(16:9と4:3の両立) | トップページ | 【感想】TVシリーズ『CLANNAD -クラナド-』第9回「夢の最後まで」 on BS-i »