« 【感想】『らっきー☆ちゃんねる』クロスメディアエンタテインメントへの誘い | トップページ | 【感想】『うたわれるものらじお』最終回 »

2007/05/26

【感想】『らっきー☆ちゃんねる』遂に登場!柊姉妹!

DVD『らき☆すた』(1) 完全初回限定生産 CD,CD-ROM付『らっきー☆ちゃんねる』
 ナビゲーター:小神 あきら
 アシスタント:白石 みのる

[第21回] (JOCR558KHz放送分)

 さて今回の『らっきー☆ちゃんねる』では、クロスメディアエンタテインメントが一気に加速!

 遂に『らき☆すた』(監督:武本 康弘)から、柊 かがみ(CV:加藤 英美里)、つかさ(CV:福原 香織)姉妹が登場しました。

 いつものように『らっきー☆ちゃんねる』を聴いていると、いつもより4分ほど早く番組が終了しました。
 こちらが「おやぁ?~」と思っていると、そこへすかさず"ぴっ!"というSEと共に、今まさに『らっきー☆ちゃんねる』を聴き終えたというシチュエーションで、柊姉妹のトークが流れ込んできました。
 しかもそのトークのネタが、先日公式サイトがオープンしたばかりの、白石 みのる。(爆笑)白石みのる 公式サイト
 これは、『らき☆すた』に於ける『らっきー☆ちゃんねる』が番組内番組であるように、『らっきー☆ちゃんねる』に於ける『らき☆すた』もまた番組内番組だということですね。

 しかしこのお二人のトークが、非常に初々しい。
 一応、お互いに「つかさ」、「お姉ちゃん」と呼び合っているものの、時折、役から離れた素の加藤さんや福原さんが顔を覗かせます。
 「(テレビに出ている白石と教室にいる白石の)どっちの白石 みのる君が好き?」という、プリミティヴな話題を扱っていたからか、「眼中」のところを噛んでしまって・・・ここが一番良かったです。
 今風の言葉に置き換えると、ここが"萌えポイント!"になると思います。

 この、複数のメディアに跨った作品展開の仕方が、実に心地良い!
 さぁこの展開を受けて今度は『らき☆すた』の方に、いったいどんな影響が出るのか?!
 今からとっても愉しみです。


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【感想】『らっきー☆ちゃんねる』クロスメディアエンタテインメントへの誘い | トップページ | 【感想】『うたわれるものらじお』最終回 »

『らき☆すた』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/15214986

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『らっきー☆ちゃんねる』遂に登場!柊姉妹!:

» らき☆すた 第7話 「イメージ」 [たこーすけの、ちょろっと感想]
こんばんは、たこーすけです。 つかさが可愛くて可愛くて、ぼくはもうダメかもしれない… 「らき☆すた」第7話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。 原作は単行本第1巻から第4巻まで既読です。 以下、「らき☆すた」第7話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注意下さい。目次 [つかさの作ったお弁当を食べたい] [つかさに携帯電話を買ってあげたい] [つかさの次回予告が可愛すぎてもうダメかもしれないでもこれ以上短くなったらしゃべるとこなくなっ... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 00:59

« 【感想】『らっきー☆ちゃんねる』クロスメディアエンタテインメントへの誘い | トップページ | 【感想】『うたわれるものらじお』最終回 »