« 【感想】『うたわれるものらじお』子供の頃の~♪ | トップページ | 【感想】『涼宮ハルヒの憂鬱』on『青春ラジメニア』 »

2006/09/18

【感想】『うたわれるものらじお』箱根の皆さ~ん!

『うたわれるもの』オープニングテーマ~夢想歌

 #09,#10とフルスロットルだった『うたわれるものらじお』ですが、今回の#11は非常に落ち着いた番組内容というか、ゆずちゃんこと柚木 涼香さんの盛り上がっているんだけど、いつもよりも遙かに落ち着いた手弱女ぶりが、とっても印象的でした。

 いや、これは単に、これまでの放送がはっちゃけ過ぎていただけですね。(苦笑)

 さて、いつもはおかしいことばかりをタイプしているので、たまには堅いことでもタイプしてみて、自分の違う面をアピールしてみようと思います。



 ラジオというメディアは、フィクションとノンフィクションが交錯した、たいへん面白いメディアです。
 だからこそ、テレビがディジタルハイビジョンへ移行しようとも、インターネット接続がブロードバンドへ移行しようとも、昔ながらのノイズ混じりのAMモノーラル放送が、未だに放送を続けているのです。
 さてまず、"作られた"番組を放送・配信しているのですから、当然、番組内容はフィクションです。
 ですが、ラジオでお喋りしている人自体はマイクの前に実在し、(台本を読んでいることもありますが)自分で考えたり思ったりしたことを、電波を介して自分の言葉でお喋りしています。
 人間が自らの言葉で話すのですから、その話している内容には、多少なりともその人の人となりが反映されています。
 だからこそ、ラジオでお喋りする人のことを、"パーソナリティ"と呼称するのです。

 さて、『うたわれるものらじお』では毎週毎週、「これでもかっ!」といわんばかりに、ゆずちゃんからりきちゃんへの熱烈ラヴラヴ光線が放たれています。
 当然、番組は"作られた"ものですから、内容はフィクションに決まっています。
 ましてや、ゆずちゃんやりきちゃんは、役者を生業とされています。
 敢えて言葉悪くいってしまうと、「役者は嘘を吐く天才」なのです。
 そして、自分なんかが「ゆずちゃん」「りきちゃん」と馴れ馴れしくタイプできるのだって、『うたわれるものらじお』がそういった番組に仕立てられているからこそ。
 普段であれば年上の方を、そうそう馴れ馴れしく呼ぶことなど出来ません。

 そんなこんなでゆずちゃんの「りきちゃん大好き!」は番組内リアル、つまりはノンフィクションとして提示されているのだけど、こちらはあくまでもそれをフィクションとして、ゆずちゃんはそういったキャラクタで売っているものと受け取っていました。

 と・こ・ろ・が。
 今回の所謂女子校トークを聴いていると、段々ゆずちゃんの「りきちゃん大好き!」が、マジネタのように聞こえてきました。
 いつもお世話になっております、quels さんのたつとき。@はてなから引用させて頂きますと、








柚:柚木 涼香さん  三:三宅 華也さん
「たまにね、力ちゃんとメールのやり取りとかを、してるわけさ?」
「w」
「だから、ラジオでもない、番組収録でもない日さ、二人、だけで、会話できる場所があったりする」
「うんうんうん」
「…のに、さ、」
「のに?」
「そこでさぁ、あまりにもこう真剣にさぁ、色々こう、電話をかけたりメールでメ、メッセージを送ったりしていいものかどうかさぁ」
「しましょうよそこはぁ」





この辺りの会話が自分には、とても自然な会話に聞こえています。
 フィクションであるはずの番組から、ノンフィクションの恋の足音が聞こえてきます。
 この恋は本物なのでしょうか?

 自分は今、この状況を何とかしてフィクションだと思って受け止めないと、頭がオーヴァーフローを起こしそうで仕方ありません。
 皆さんはゆずちゃんの「りきちゃん大好き!」を、どう捉えられていますか?



 さて、三宅華也さんのブログ「Choco Chu Diary」
 こちらの「うたわれらじお効果がぁ!!」によりますと、この#11配信開始後からは、軒並み5桁のアクセスがあるのそうです。
 これは前回のゲスト、小山剛志さんのブログ「小山剛志のNo Pain,No Life」でも、同様の現象があったそうです。(詳細はこちらのエントリにて)
 このことからも分かるように、ラジオは決してプライベートメディアではありません。
 れっきとしたパブリックメディアです。
 華也さんがナイスバディと聞けばガツガツ食い尽くし、華也さんは浪川さんのことが好きと聞けば、それこそガツガツ食い尽きますよ。

 恋愛というプライベートの最もたるものが、ラジオ番組で成り立つのかな?


 それでは、よしなに。(敬称略)

うたわれるものらじおが大好きです!バナー P.S. 華也さん、二次元が初恋でもダメじゃない!(^^v

|

« 【感想】『うたわれるものらじお』子供の頃の~♪ | トップページ | 【感想】『涼宮ハルヒの憂鬱』on『青春ラジメニア』 »

『うたわれるもの』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

ネット」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/11924274

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『うたわれるものらじお』箱根の皆さ~ん!:

» 「うたわれるものらじお」第11回 [ishidarnet.cafe]
今回の放送は「二次元が初恋じゃ駄目ですか!? 」に尽きますね。 [続きを読む]

受信: 2006/09/18 17:44

» うたわれるものらじお 第11回 [TAKE THE DREAM]
アニメ本編感想投げっ放してるのはたぶん気のせいです(死) ・・・・・・すいません、時間ないんですぅ・・・しくしく。 連休でなんとか追いつきますので〜〜。 そんなわけで力ちゃんお休みによりゲストラッシュな ... [続きを読む]

受信: 2006/09/20 21:24

» うたわれるものらじお 第11回 [Monolog ~うたわれラジオ最高!~]
正式には「うたわれるものラジオ」じゃなく 「うたわれるものらじお」なので平仮名にしてみた。 知っていたんだけど「うたわれるもの」が全部平仮名だから 「らじお」と合体してわかりにくいかなぁと思って あえてカタカナにしてたんだけどね。 今週のうたわれらじおは ジ..... [続きを読む]

受信: 2006/09/25 01:42

» うたわれるものらじお 第11回 ゲスト:三宅華也さん。 [070-アーステイル-呼出し中]
2次元が初恋でも無問題! でも柚ねぇ冷たい!(苦笑) [続きを読む]

受信: 2006/09/27 20:55

» 「うたわれるものらじお」第11回 [ishidarnet.cafe]
今回の放送は「二次元が初恋じゃ駄目ですか!? 」に尽きますね。 [続きを読む]

受信: 2006/12/05 00:47

« 【感想】『うたわれるものらじお』子供の頃の~♪ | トップページ | 【感想】『涼宮ハルヒの憂鬱』on『青春ラジメニア』 »