« 【感想】『ふるさと-JAPAN』 | トップページ | 【Blu-ray】TVシリーズ『AIR』再生デモ »

2006/03/22

【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第11話「ビバーク」

『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』オリジナルサウンドトラック「That Others May Live
―他を生かすために」

 ということで、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』(監督:桜美 かつし)第11話「ビバーク」の感想です。

 前回の滑落事故で骨折した武田 駿介(CV:石井 真)と、それに付き添うリーダーの恒松 隆之(CV:中村 大樹)。
 助けを呼ぶため、ケータイが繋がる稜線まで登った、工藤 洋治(CV:園部 啓)と望月 健吾(CV:三戸 耕三)。
 ここで運命を分けた登山パーティー。
 『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』はレスキューを通じて、我々に何を魅せてくれるのか?・・・

 激しい吹雪の向こうに見えた長野県警のヘリに向かって大きく手を振る、工藤と望月の二人。
 だけどそのヘリは視界不良のため、そんな二人に気が付くことなく過ぎ去ってしまう。
 翌日その二人は、帰らぬ人となって発見されました。
 また骨折した武田も、恒松が気が付いたときにはもう、事切れていました。
 恒松ももう駄目かと諦めかけたそんなとき、内田 一宏(CV:宮崎 一成)が搭乗するヘリオス78(UH-60J)が、ようやく恒松を発見します。
 ですが、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』はそんなに甘くありません。
 救助のため、メディックを下ろし始めたヘリオス78は、突然の強風に煽られて、姿勢を維持することができません。
 操縦桿を握る本郷 修二郎(CV:石塚 運昇)も、機体の姿勢維持に努めるのですが、自然の脅威には打ち勝つことができません。
 大きく揺れる機体に煽られて、ワイヤーで繋がれたメディックは、何度も雪の上に叩き付けられます。
 なかなか収まらない突風。
 だけど要救助者は、目と鼻の先にいる。
 この極限の状況下で本郷は、遂に現場から一旦離脱することを決意するのです。
 この、下で救助を待っていた恒松と眼を合わせながらも離脱していくヘリオス78と、それに吊り下げられたメディックの演出が堪りません。
 辛くもヘリオス78のキャビンに戻ったメディックは、肩で息をしながらも「もう一度下ろして下さい」と懇願します。
 だがヘリオス78は、本部より下ったミッション中止命令に従って、前進基地に帰投するのでした。

 この隔靴掻痒感が溢れる映像には、誰もが釘付けになったことでしょう。
 スタッフブログに於いて、杉山 潔プロデューサ(バンダイビジュアル)自ら「萌えも燃えもない、ひたすら地味でストイックな作品」と形容されるほど、突出するところない『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』。
 だけどその映像には、いい知れない作り手の自信を感じずにはいられません。
 映像作品に限らず、作り手の熱い情熱が込められた作品は、多くの人を惹き付けます。
 次回はいよいよ、TVシリーズ最終回「レスキュー」。

 期待するだけ期待して臨みます。


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【感想】『ふるさと-JAPAN』 | トップページ | 【Blu-ray】TVシリーズ『AIR』再生デモ »

『よみがえる空』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/9255991

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第11話「ビバーク」:

» よみがえる空 11話 [時空階段]
え〜と猛吹雪で非常にヤバイ展開〜! なんとかもう一方の部隊がレスキュー要請を出したが… == あの、骨折若造なんか頭狂っちゃってますぜ… Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ == ホンマあんななってまうんかね〜、いや〜恐ろしい やっとの事で内田たちも出動〜! あの{{{連絡をくれた遭難者を見つけるも心拍停止状態}}} まさにホラ〜なミイラ状態だよ〜! マジ怖い〜! === で、骨折若造たちも発見するも強風..... [続きを読む]

受信: 2006/04/01 23:55

» よみがえる空・第11話 [たこの感想文]
「ビバーク」 滑落した隊員を抱える山岳部員。天候は、低気圧の影響で悪化しつつある [続きを読む]

受信: 2006/04/02 00:02

» よみがえる空-Rescue Wings- #11 ビバーク はヤバいっすよ [シュールストレンミングとかヤバいっすよ]
『俺たちの仕事は生死を詮索する事じゃない。見付け出し、助け出す事だ』 あらすじ 雪山 転落して足を骨折した武田。 恒松『大丈夫だ。助かる。大丈夫だ。』 2つ玉低気圧。 小松基地でも戦闘機の訓練が行えない。 本郷の家に行く際に通った小学校に緊急着陸するとしたらどうする? と聞かれる内田。 色々言う内田だが、何故か周辺の地理を熟知している本郷にダメ出しされてしまう。 本郷『内田、おまえ... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 00:40

» よみがえる空 −RESCUE WINGS− 第11話 「ビバーク」 [新米小僧の見習日記]
本作中ベストの回ではなかったでしょうか。扱っている題材がどうやっても盛り上がるものなので(冬山での遭難と救助失敗)、簡単に“ベスト”という評価を下していいものかどうかは、かなり悩むところではありますが、それを差し引くとしても非常に見せる話になっていたと思..... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 00:53

» よみがえる空-Rescue Wings-@第11話、ビバーグ [Phantom Moon]
よみがえる空: 何度目かはわからんが、辛すぎて涙がでてきた 唯一の生存者(違ったらすいません)が助かると思った瞬間の崩落。 地震の時とは違った虚脱感に見舞われました。 [続きを読む]

受信: 2006/04/02 01:55

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第11話「ビバーク」 [今日もコレクト!]
ビバーク:登山で露営すること。とくに予定外の場合に使うようです。 冬山登山で発生した遭難事故。天候は大荒れ、一人は足に重大な怪我をしている。 無事に救出することはできるのでしょうか・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 13:13

» よみがえる空を観る [うにゃ丼亭]
安全なはずの山小屋まで撤退をしようとした、工藤、望月が凍死し、雪洞を掘ってビバークをした恒松が生き残る(現状では)という皮肉 ヘリによる救助が成功するのは、凍死した工藤,望月であり、悪天候のあまり要救助者に近づけないのは、生きている恒松の方、と言う皮肉 あの時、武田が足をもつれさせなければ いや、それ以前に、出発を延期していれば 悪天候の可能性は考慮していたはずだ そうすれば、4人メンバーの内の3人が凍死(現状では)という悲劇を迎えずに済んだのに こういう時に体育... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 07:20

« 【感想】『ふるさと-JAPAN』 | トップページ | 【Blu-ray】TVシリーズ『AIR』再生デモ »