« 【Blu-ray】TVシリーズ『AIR』再生デモ | トップページ | 【感想】『青春ラジメニア』三千里(ちょぼ) »

2006/03/29

【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第12話「レスキュー」

『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』SPECIAL「That Others May Live
―他を生かすために」

 ということで、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』(監督:桜美 かつし)第12話「レスキュー」(TVシリーズ最終回)の感想です。

 内田 一宏(CV:宮崎 一成)の空はいつ、よみがえるのか?
 ファイター(戦闘機乗り)志望だったが、今はヘリパイロットを生業としている内田と、F転(*1)の本郷 修二郎(CV:石塚 運昇)。
 その組織に入れたものの、志望した部署に就けなかったという経験がないもので、本当の意味で自分は彼等に共感することが出来ません。
 だけど、ファイターから降ろされて塞ぎ込んでいた空…つまりは内田の心そのものが、レスキューに遣り甲斐を見出すことによって"よみがえる"というのには、生きるために必要な活力を戴いたような気がします。

 編集志望の長谷川 めぐみ(CV:能登 麻実子)も、営業職で一つの成功を収めて「よっしゃー!!!」とガッツポーズ。
 このガッツポーズには、流石の自分も共感できます。
 たとえ最初は乗り気でなくても、何かの事を成すというのは、実に気持ちの良いものです。

 そして『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』のテーマは、毎回オープニングテーマの後に大きく写されているように、"That Others May Live"です。
 第12話の最後に改めて日本語で”他を生かす為に…”と促されると、このテーマの重さを感じずにはいられません。
 例えば、自分が仕事で成功したとしても、それはほぼ100%自分のためです。(もちろん仲間のためでもあります)
 ですが彼等の仕事は、他を生かす為に…なんですね。(もちろん収入のためでもあります)
 しかもその現場は、一歩間違えれば、自分や自分の仲間の生命を落としかねないところです。
 だが、それでも彼等は、レスキューに向かう。
 彼等が最後の砦なのだから。

 内田が小松救難隊の一翼を担う存在になれたとき、つまりは RESCUE WINGS になれたとき、内田の空はよみがえるのでしょう。
 『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』、いいタイトルですね。



 さて皆さんは、第4話「大切な人」に登場した、金沢名物ハントンライスのことを覚えていらっしゃるでしょうか?
 このハントンライスを求めて金沢を探索された鈴木 桂水さんのエントリが、前編中編後編の三部作でアップされています。
 プロのライタがタイプしているので、文章が読みやすいのはもちろんのこと、内容がとても愉しいエントリですので、皆さんにお薦めです。


 さぁ次は、DVD第7巻収録TV未放送の外伝エピソード、第13話「最後の仕事」ですね。
 スタッフブログによりますと、既にアフレコは終了しているとのこと。
 杉山 潔プロデューサ(バンダイビジュアル)自身が、「心に染み入るとても良いエピソード」と評するほどの出来映えだそうです。
 期待しています。


 それでは、よしなに。(敬称略)

 P.S. TBポリシーについては、こちらを参照して下さい。

 (*1) 戦闘機のパイロットだった人物が、輸送機や救難機など戦闘機以外の部隊に配置転換となること。

|

« 【Blu-ray】TVシリーズ『AIR』再生デモ | トップページ | 【感想】『青春ラジメニア』三千里(ちょぼ) »

『よみがえる空』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

最終回」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/9256085

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第12話「レスキュー」:

» よみがえる空 最終話感想 [少年カルコグラフィー]
 最終回を迎えてしまいました。  正直、もう少し観ていたかったです。  では、最後の感想を行ってみようと思います。 [続きを読む]

受信: 2006/04/03 01:43

» よみがえる空-Rescue Wings- #12 レスキュー  はヤバいっすよ [シュールストレンミングとかヤバいっすよ]
『内田、お前は本当に操縦が下手糞だなぁ』 裏番組で【スカイ・ハイ 劇場版】やってるとか正直困ります。 あらすじ 『いったん離脱する』 要救助者を前にして撤退した小松救難隊。 確保した要救助者2人を載せ、前線基地に帰投する。 小松基地の整備班は前線基地に向かう。 『当番じゃないと出動せんのやろ?』内田が救助に出ていないか心配する内田の両親。 班長の両親は喧嘩。 到着した整備班がヘリを整備。 ... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 04:17

» よみがえる空を観る(最終回) [うにゃ丼亭]
細部にこだわるうにゃ丼亭としては、今回の落石時のヘリのダメージについて気になる部分があります 言うまでも無く、彼らが搭乗するUH-60Jは航空自衛隊に所属する、ヘリコプターです いわゆる戦闘用のヘリコプターではないようですが、それにしても銃砲弾が舞うような紛争地域での使用も当然考慮に入れてある機体だと思うのです それにしては、今回の落石で結構なダメージを食らったように見えます もちろん質量によっては、タダの石であっても大きなダメージを食らう事はある、とは解っていますが…… 今回はそ... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 07:31

» よみがえる空 12話 〜終〜 [時空階段]
え〜と前回、強風によって救出に失敗したが、今回は気合を改め出撃〜! やけに猛吹雪ってかコンディションが悪くなっているな〜という最悪な展開っぽいな〜… って思ったら{{{整備美女員 曰く晴れてきた〜?みたいな台詞とともに『いけるぞ』みたいな展開へ〜}}} そんなこんなで苦戦はしながらも救出に成功 == 締めには落石という有り得ないド派手演出によって鬼軍曹負傷〜しちゃったよ〜 == そうそう、救出はされたはしたが生存していたのはリーダーの人だけ…&..... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 08:01

» よみがえる空 第12話 レスキュー [SOBUCCOLI]
いよいよ迎えたクライマックス 要救助者の運命は?! 細かい演出がほんとにうまいな ラストにふさわしい内容でした。 [続きを読む]

受信: 2006/04/03 09:40

» 『よみがえる空』 第12話「レスキュー」 [たぬきGGGの穴]
地味だけどかなりの秀作『よみがえる空』の最終回でした。最終回までもちろん地味な感 [続きを読む]

受信: 2006/04/03 11:37

» よみがえる空 #12 [日々の記録 on fc2]
素晴らしい良作だったのに、今回で終了してしまうのが本当に惜しいです。ぜひ続編を作って欲しいです。たった一人の生存者を救うために、再び吹雪の吹き荒れる山へと向かう内田たち。...... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 12:42

» よみがえる空-RESCUEWINGS-第12話「レスキュー」感想 [accessのweb飛行機写真館]
とうとう最終回・・・【ご予約受付中】4月26日発売!DVDよみがえる空-RESCUEWINGS-mission1【初回限定2枚組仕様】今回は、どうやらまた飛ぶようですね。ってか当たり前ですが。やはりヘリは近い空港??に展開している模様。整備班ってあんな風に移動するんですね。そうい...... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 15:20

» よみがえる空 -Rescue Wings- 第12話 「レスキュー」と総括 [新・雨のち晴れ、時々曇り]
雪山に遭難した登山者を救うために出動したものの、悪天候により救出活動中止に見舞われました。 活動が再開される翌朝までの遭難者の家族、マスコミ、航空自衛隊の心境を表現していたわけですが。 やっぱこういうとき、マスコミは痛々しく表現されますね。 ま....... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 19:10

» よみがえる空 最終回 [チラシの裏]
■あらすじ 救出を一旦諦めたが、翌朝捜索再開。 天候の若干の回復もあってか、生存者を確認、救助活動を始める。 しかし、生存者ピックアップ時に落石が発生。 岩の一つが本郷三佐の操縦席のガラスに当たり、本郷三佐は負傷してしまう。 そこで内田三尉が操縦を代わり、無事..... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 19:30

» よみがえる空-RESCUE WINGS- 第12話「レスキュー」(最終回) [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- アニメ・パプリカ なんでそうなったかは知らんが、とにかく此れだけは言わせてくれ、     「メディックは化け物だぞ、吉岡君」 さて、パーティーのリーダーは無事生還。 散々周囲から罵られても、生きて帰れれば全て良し、....... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 21:28

» 『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第12話、「レスキュー」 [あしたもまたひがのぼる!]
 最近の定番とはいえ、この作品にはこういうことはして欲しくなかったのですが――。  『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第12話、... [続きを読む]

受信: 2006/04/04 00:24

» よみがえる空 -Rescue Wings- 「レスキュー」 雑感 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
【10秒で分かる、今日の『よみがえるそら-れすきゅーういんぐす-』】 整備士は大変だ マスコミは救出"劇場"放送中 助けたらキツかった アクシデントで流血だ 吊るし上げがお祭り状態 怪我人はよく喋る 〆はやっぱり「いつか小松へ」 ういうい、んでは「よみが....... [続きを読む]

受信: 2006/04/04 01:41

» よみがえる空・第12話 [たこの感想文]
「レスキュー」 瀕死の要救護者を残し、無念の救難中止を決断した内田。夜になり、気 [続きを読む]

受信: 2006/04/04 04:11

» ■よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第12話「レスキュー」 [ゆかねカムパニー2]
 いよいよ最終回。  ここまでの全てを統括するエピソードになっていました。  淡々と進む展開の中で、変わることのない普遍的な人間模様が、静かに響いて来るような、 [続きを読む]

受信: 2006/04/05 13:05

» 『よみがえる空』第12話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
基本的には、予想通りでしたが予想を超えた展開もあり驚きました。 基本的に予想通り、前回発見すれども救出できずに終った要救助者は生存したまま、また見つけることが出来ました。でも、そのピックアップ時に落石に襲われるとは…予想のナナメ上を逝ってましたよ。しかも、その落石の影響で本郷三佐が頭部に負傷、人事不詳に陥るとは…よく、ローターに当たらなかったなと思いますが…多少の石程度ならローターブレードに当たっても大�... [続きを読む]

受信: 2006/05/14 01:43

« 【Blu-ray】TVシリーズ『AIR』再生デモ | トップページ | 【感想】『青春ラジメニア』三千里(ちょぼ) »