« 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第9話「少年の旅路(後編)」 | トップページ | 【感想】『ふるさと-JAPAN』 »

2006/03/15

【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第10話「パーティー」

『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』オリジナルサウンドトラック「That Others May Live
―他を生かすために」

 ということで、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』(監督:桜美 かつし)第10話「パーティー」の感想です。

 今回のサブタイトルは、ダブルミーニングの「パーティー」。
 登山隊のパーティーの方は、次回以降の要救助者になるのが眼に見えているので、今回は本郷家でのホームパーティーに注目しようと思います。

 「やっぱりいいですね、家族がいるって。仕事にも張り合いが出るんじゃないですか?」という内田(CV:宮崎 一成)に対して本郷(CV:石塚 運昇)は、「逆だ。自分がいつどうなるか分からんのだから、家族がいればそれなりの心配がある」と、自分の心境を吐露します。
 未だに本郷も、東うるま島の一件が心に引っ掛かっているようです。
 こういったキャラクタの掘り下げが、心にぐっ!ときますね。
 以前から何度も繰り返していますが、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』の登場人物は皆、雲の上の凄い人ではなく、近所に住んでるお兄さんやお姉さんなんですよね。
 この親近感があるからこそ、番組の最後に表示される「この物語はフィクションであり、実在の組織・個人・出来事とは一切関係ありません。」の画面に違和感を覚え、フィクションであるはずの『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』を、トリニトロン管の向こうの話と捉えるのではなく、まるで自分のことのように捉えています。
 超人が世界を救う話も感動を呼ぶことでしょう。
 ですがそういった作品の外側から味わう感動とは違う、作品の内側から味わう感動が、この『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』には鏤められていると思います。

 残りの2話を、愉しみにしています。


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第9話「少年の旅路(後編)」 | トップページ | 【感想】『ふるさと-JAPAN』 »

『よみがえる空』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/9192967

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第10話「パーティー」:

» よみがえる空 第10話感想 [少年カルコグラフィー]
 めぐみの話で、出版社(小企業)が舞台でした。  考えてしまうような内容でしたけど、非常に面白かったです。 第10話「パーティー」 2006年3月12日放送 [続きを読む]

受信: 2006/03/26 17:14

» よみがえる空 。。。。 第10話 パーティー [幻影現実 私的工廠 ブログ]
楽天 市場 航空自衛隊 小松救難隊 パッチ ふと思ったのですが、このアニメって 季節をずらして放送しているのは ワザと? ・・・・って、前回の放送は紅葉だったから ストーリーの中では 時間の流れが速いだけかな。 とは思いながら、クリスマスシーズンと言われても ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 17:16

» よみがえる空-RESCUE WINGS- 第10話「パーティー」 [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- アニメ・パプリカ てっきりめぐみさんとパーティーするのかと思ったら…あっちゃんとは…思いっきり大穴です。 さて、また意識が変わってヤル気満々で訓練を受ける内田君。 もう食堂で、ファイターに絡まれる事もなくなりました。 ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 17:20

» よみがえる空-Rescue Wings- #10 パーティ はヤバいっすよ [シュールストレンミングとかヤバいっすよ]
『家に居る時くらいは人任せで居たいよ』 今日のキャッチセリフ、 『【よみがえる空】も、Screenplusで』にしようか悩みました。 あらすじ 『読み始めたら止められなくなっちゃって』と翻訳された【売れない作家】の本を読むめぐみ。 『頑張って売りましょうよ!!!!』 はりきる。 内田のタッチ&ゴー。中々様になってきている。 機付員『救けられる側を経験して、意識変わったんとちゃいますか??』 ... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 17:27

» よみがえる空 3月13日付 第10回「パーティー」 [第23軍日常報告]
よみがえる空 3月13日付 第10回「パーティー」 今回は、ミッション前の一休みと言った感じだ。 しかし、出版社ってのも楽じゃないんだな。在庫を処分したりで。何か勿体無い。まあ、 [続きを読む]

受信: 2006/03/26 18:07

» よみがえる空 10話 [時空階段]
=== え〜なんと鬼軍曹から食事の誘いが!(゚Д゚;) === しかも自宅に招待〜!!! なんすかこのツンデレっぷりなお誘いの仕方は〜!? そして、本郷の自宅へ赴く内田。 == 美幼女こと鬼軍曹の子供キタ〜!!!! == いや〜、以前 {{{鬼軍曹の事をロリコンと言ったがその気持ちが解らんでもないな〜}}} 超カワイイじゃないかよ〜! というか何..... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 18:17

» ■よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第10話「パーティー」 [ゆかねカムパニー2]
 今回は三つのストーリーが平行していますが、いつも通り、特に違和感無く見れちゃいます。  それは結構凄いと思う。  めぐみも壁にぶつかって、その思いは純粋だけれ [続きを読む]

受信: 2006/03/26 19:16

» 『よみがえる空』 第10話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
さて、最後のシリーズの開始です。 季節は冬になり、街はクリスマスシーズンに突入。めぐみさんの出版社は、少し会社的にヤバソウナ雰囲気が…。いっぽう、内田くんは、訓練に明け暮れる毎日ですが基地の食堂で出される食事に複雑な感情が出始めたころあいらしいです。そのとき、本郷三佐から自宅に食事を招待されるのでした。 さて、そのころめぐみさんの勤める出版社は年末の会計締めを控えて売れない在庫の処分をしなく... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 20:04

» よみがえる空 −RESCUE WINGS− 第10話 「パーティー」 [新米小僧の見習日記]
「そこに山があるからだ」 イギリスの登山家ジョージ・マロリー(1886~1924)の残した有名な言葉があります。登山家たちの信念を簡潔に表現した、今もしっかりと生き残っている言葉です。今回の話を観ながら、僕もこの言葉を思い出したりしました。 しかし、マ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 22:12

» よみがえる空 第10話 「パーティー」 [from 宇宙]
終業式。でした。危うく忘れるところだった!!(笑) (*-д-)じー。 今日絶対にこんな感じで校長先生の話聞いてたと思う。 だってね・・・眠たかったんですよ。 明日までに、 [続きを読む]

受信: 2006/03/27 00:54

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第10話「パーティー」 [今日もコレクト!]
ゴンドラから救助される側を経験し、精神面、技術面でも成長していく内田君。 軍曹の見る目も変わってきたようです。 今度はどんな救出劇が待っているのでしょうか・・・ [続きを読む]

受信: 2006/03/27 02:59

» よみがえる空を観る [うにゃ丼亭]
ヘリでも、タッチ・アンド・ゴーの訓練をするのですね?(挨拶) タッチ・アンド・ゴーと言えば、私の地元の方では、某米リカ(超意訳)の基地で、戦闘機が昼夜問わず訓練をして、地元住民に大層イヤがられている、というのを思い出してしまいますねーーーwww その周辺の家屋では、寒冷地でもないのに二重窓なんですよ?www 全ては防音の為なんですが……、壁自身が震える程なので、無いよりはマシという程度なんですよねw しかし、今回のタイトルの”パーティー”というのは何を表しているのでしょうね? ... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 07:49

« 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第9話「少年の旅路(後編)」 | トップページ | 【感想】『ふるさと-JAPAN』 »