« 【結果発表】感想率調査2005年冬 | トップページ | 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第10話「パーティー」 »

2006/03/08

【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第9話「少年の旅路(後編)」

『明日を止めないで』美郷 あき「That Others May Live
―他を生かすために」

 ということで、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』(監督:桜美 かつし)第9話「少年の旅路(後編)」の感想です。

 山口 幸太役の山口 眞弓さんの好演のあとに、脱出の模様を伝えるレポータまで山口 眞弓さんなのは、ちょっと幻滅だったかな。
 以前にも内田 一宏(CV:宮崎 一成)の父、正役の宝亀 克寿さんが、そのまま自衛隊の背広組をされていて、がっかりしたことがありました。
 頭では別の役だと理解しているつもりですが、やはり同じ声では、そのキャラクタ同士に何かしらの繋がりがあるのではないか?と勘繰ってしまって、作品に集中することができません。
 ちょい役にまでそれぞれ違うCVを用意するのは何かとたいへんでしょうが、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』に限らず、もう少し上手くやって欲しいと思います。

 さて、Aパートの最後がなかなかドラマティックでした。
 山口母子が下ろされ、おばあさんも下ろされて、一見順調そうにレスキューが続いていましたが、当然こちらは何かあるなと思っていました。
 ですがそれがよもや、突風に煽られて緊急救助袋とそれを支えていた滑車を下に落としてしまうなんて・・・
 緊急救助袋の中に人がいなかったのが幸いですが、それにしてもやってくれます。
 ゴンドラの下でレスキューにあたっていたメンバーが、呆然と立ち尽くしてしまうのにも頷けます。

 さて、Bパートになってようやく現れたヘリオス78(UH-60J)。
 それを見て、「おっかない奴が~」と形容した内田の言葉とは裏腹に、全員助かることが約束されたような、そんな自信が内田の顔には満ちていました。
 今回のサブタイトルは「少年の旅路」ということで、物語は吉岡 悟(CV:入野 自由)にフォーカスされていましたが、自分は小松救難隊に対する内田の心情変化の方が眼に止まりました。
 これはレスキューに対するというか、自分が生業としているものに対する心構えと表現すれば宜しいでしょうか?
 そしてそれはそのまま、視聴者一人一人が生業としているものに置き換えられると思います。
 毎回、番組の最後にはフィクションだということが明記されていますが、こうして観る者のすぐ隣にある『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』は、決して絵空事ではないと思います。
 こういった作品を、リアルだというんじゃないかな?

 さて次回からはいよいよ、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』のラストエピソードを飾る三部作、第10話「パーティー」第11話「ビバーク」第12話(TVシリーズ最終話)「レスキュー」が始まります。
 期待するだけ期待します。(^^)


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【結果発表】感想率調査2005年冬 | トップページ | 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第10話「パーティー」 »

『よみがえる空』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/8943650

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第9話「少年の旅路(後編)」:

» よみがえる空-Rescue Wings- #9 少年の旅路(後編) はヤバいっすよ [シュールストレンミングとかヤバいっすよ]
『隊員たちはプロ中のプロだ。パイロットも、救難員も、みんなこんな時のために、日頃から厳しい訓練をこなしてきている。信じろ!!』 このまま行くと、この【よみ空】が我がブログ初の感想皆勤になりそうです。 あらすじ 非常用降下装置を使って乗客を降ろす決意をした内田。 一方、少年の家に警察署から電話が。 少年が問題児であることもあり、『悟が、何か??』とあきれた声で答える父親。 しかし、今回は問題を起こしたわけではなく、 『【事故... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 00:48

» よみがえる空-RESCUE WINGS- 第9話「少年の旅路(後編)」感想 [ALISAのLOVE DESTINY新館]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1 よみがえる空-RESCUE WINGS-第9話「少年の旅路(後編)」感想です。 今週は小松救難隊・本郷さんの勇姿を見ることができました♪ 家出少年・吉岡悟君が救助する内田君の活躍を見て自衛官になりたいとか言い出す展開かなと思ったけ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 01:25

» 『よみがえる空』 第9話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
前回、内田くんはゴンドラ内部の人員のみでの自力降下をしますが三人降ろしたところで突風に煽られて降下器具を失い(取り付け位置からフックが外れ落下)自力降下の手段を失います。 その時点になってはじめて自衛隊に出動要請が出て先遣隊が状況確認をしにきますが、そのときの消防チーフの悔しそうな顔付きを演出するとは…結構えぐいところを表現しますね。 で、先遣隊は状況を把握するといきなりゴンドラの重さを聞きます。 まさか…アレやるの... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 03:34

» よみがえる空を観る [うにゃ丼亭]
いやーー!! 今週も観応えがありました!! 救助袋を使ってのゴンドラからの脱出!! その手順の緻密さ、細部を丁寧に描く事によりもたらされる、リアリティ 握索機(漢字が合ってるか不明w)が外れたときの驚きは(思わず声があがりましたw)、緊急降下機が転落してきた時の絶望感は、積み上げてきたリアルがもたらしたものでしょう!! しかし、一宏がまるで別人のようなのですが? 冷静沈着に指示を出し、判断を下して……、誰?って感じなのですがッ?!www 頼りなくて、青臭かった彼とはまるで別人です... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 07:28

» よみがえる空 9話 [時空階段]
ゴンドラに取り残されてしまったが救命の主人公くんの見せ場〜! === ゴンドラ内にある緊急器具でなんと降下する〜。 === これってリアルめっちゃ怖いだろうな〜。 で降下するにあたってガキがグズってウザかったり、不良男は実は女の尻に敷かれてる事が判明などちゃんと個性をアピール。ついでに{{{ババアも不良男へ心配するなどのこの辺りの丁寧な描写がガチアニメクオリティ。}}} で、順調にゴンドラから降りていった訳だがそう上手くいくハズもなく強風で降下装置がハズれました〜。 ついで..... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 10:10

» ■よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第9話「少年の旅路 後編」 [ゆかねカムパニー2]
 孤立したケーブルカー内部での人間模様は、落ち着くべき所に落ち着きました。  新しいお母さんを受け入れられない少年、今の自分が嫌いな少年、彼等のこの先の旅路がは [続きを読む]

受信: 2006/03/20 11:32

« 【結果発表】感想率調査2005年冬 | トップページ | 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第10話「パーティー」 »