« 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第6話「Bright Side of Life(前編)」 | トップページ | 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第8話「少年の旅路(前編)」 »

2006/02/22

【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第7話「Bright Side of Life(後編)」

人形劇ガイド ひょっこりひょうたん島2003「That Others May Live
―他を生かすために」

 ←先週に引き続き、ドロップキャップ代わりのサムネイルは間違っていません。

 これで合っています。

 それこそ、これ以上に相応しいドロップキャップはないぐらいに。


 さて、待望の『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』(監督:桜美 かつし)第7話「Bright Side of Life(後編)」は、こちらの期待に充分応える・・・いや、そんなものを遙かに凌駕する素晴らしい作品でした。

 「生きてる! 生きてる! 生きてる! 生きてる!」

 ヘリオス78(UH-60J)の中で白拍子(CV:西 凜太朗)が何度も繰り返したこの言葉。
 こんなにも「生きてる!」ことが嬉しいなんてホント、自分でもびっくりするぐらい素直に、「生きてる!」ことを喜んでいました。
 フィクションなのにね、胸がいっぱいになるんです。
 どんなに頭で考えたって、先に心が感動しているんです。
 名作は理屈じゃない!

 さて、救出された熊田(CV:阪口 大助)は頸椎の損傷により最悪の場合、車椅子に頼った生活になるかも知れないとのこと。
 つまりもう二度と、ファイターには乗れないということ。
 それはパイロットにとって悲しいことではないかと、内田(CV:宮崎 一成)は考えていました。
 だけどそれを黒木(CV:小山 力也)は、今回のサブタイトルにもなっている「Bright Side of Life」人生の明るい方に眼を向ける方が建設的で、ずっといいという。

 そしてラストシーン。
 「じゃぁ次は本郷三佐、お願いしま~す、いぇ~い」と西田(CV:笠原 留美)に促されてマイクを握る本郷(CV:石塚 運昇)。(このときの西田のアクションが素晴らしい)
 村上(CV:星野 充昭)の「コパイとのデュエットが聴きたいなぁ」との声に促されて、渋々お立ち台に上る内田。
 さぁ何を唄うんだと思いきや、本郷の選曲はなんと「ひょっこりひょうたん島」(作詞:井上 ひさし・山元 護久 作・編曲:宇野 誠一郎)でした。
 目を瞑り歌詞も見ず、直立不動で歌い上げる本郷と、妙なアクションを付けながらの内田。
 石塚 運昇さんと宮崎 一成さんのデュエットで聴ける「ひょっこりひょうたん島」なんて、後にも先にもこの『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』ぐらいでしょう。
 前回の冒頭ではあんなにももの悲しかったこの曲が、この第6話と第7話を経て、こんなにも軽快で元気な曲に聞こえるなんて!
 そうしてこちらがすっかり作品に没頭していると、曲は「ひょっこりひょうたん島」まま、そのままシームレスにいつものエンディング映像へ突入していきます。
 しかも、2番からのヴォーカルは、オリジナルの前川 陽子さん!
 このシームレスに繋がる演出が凄い!
 いつも観慣れた映像が、バックに掛かる曲によって、こんなにも趣を変えてくるなんて。
 凄いよ、ホントに凄い。
 このときの映像はもう完璧に「ひょっこりひょうたん島」に呑み込まれているのですが、作品としてはちっとも呑み込まれていない。
 むしろ「ひょっこりひょうたん島」を、きちんと作品の中に取り込んでいます。
 オープンエンドを用いてこれだけ「ひょっこりひょうたん島」をフィーチャーしながらも、作品テーマの方が、「Bright Side of Life」の方が、「ひょっこりひょうたん島」を何倍も大きく上回っている。

 この『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』と「ひょっこりひょうたん島」のコラボレートは、アニメーション史はおろか、映像史にも残るものだと思います。
 こうした歴史的瞬間に立ち会えて、自分はとっても幸せです。


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第6話「Bright Side of Life(前編)」 | トップページ | 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第8話「少年の旅路(前編)」 »

『よみがえる空』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/8849260

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第7話「Bright Side of Life(後編)」:

» よみがえる空 −RESCUE WINGS− 第7話 「Bright Side of Life (後編)」 [新米小僧の見習日記]
まさに直球ど真ん中。「これぞ『よみがえる空』!」と思わず喝采を上げたくなるようなベストエピソードだったと思います。良質の正統派ドラマを観せてくれました。 白眉は言うまでもなくラストシーン。本郷さんが「ひょっこりひょうたん島」を静かに歌い始める展開は、前..... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 02:05

» よみがえる空-Rescue Wings- #7 Bright Side of Life(後編) ... [シュールストレンミングとかヤバいっすよ]
『暗い面を見るより、明るいほうに目を向けるほうが、建設的でずっといいと思います』 あらすじ レーダーロストしたF-15DJの乗組員を捜す内田たち。 しかし、悪天候で視界が悪いうえに、レーダー波が海面で乱反射して思うように捜索が進まない。 8/17 13:25に一人目を救出(救出時には既に死亡)。 その後、夜を徹しての捜索にもかかわらず一向に見つからない。 翌朝、天候・視界共に回復。 8/18 07:07 要救助者を発見・救出。 その後、飲み会。... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 03:16

» 『よみがえる空』 第7話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
タイトルの『Bright side of life』と言うのは、この話を見ると『人生の良い面』と言う、意味合みたいですね。そういえば、反対語としての『Drak side』と言うのは悪い面でしたね。 前編のOPが葬式で演奏された『ひょっこりひょうたん島』で、後編のEDが本郷三佐が打ち上げのカラオケで歌った『ひょっこりひょうたん島』だったです。なかなか、凝った話の展開でよかったです。でも、その歌う目�... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 04:38

» よみがえる空 。。。。 第7話 Bright Side of Life(後編) [幻影現実 私的工廠 ブログ]
おおー! U-125Aが 赤外線カメラ出したよー! かっこいー! 遺族のもとへは・・・・ ご使者の方は、制服制帽着衣のうえで 白手袋で おみえになると聞き及びます。 辛いお役目には 違いないでしょう。。。。 「ひょっこり ひょうたん島」での〆 たいへん...... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 06:12

» よみがえる空を観る [うにゃ丼亭]
どんなに高性能な装備が、機体があっても、結局、最後に頼りになるのは人の力、なんですね 目視で波間に要救助者がいないかを探す この、広い、広い海で、人を探す 雨が降り、視界が悪い海を、 夜も更け真っ暗な海を、 暗視装置をも使い、捜索する 気の遠くなりそうな、地道な捜索活動 もう、観ているこっちまで、目を凝らしてしまいましたよ なんだか、毎回観るたびに緊張しているのですがw 今回は特に疲れたw 以前も、何かの折に疑問に思ったのですが、このような広い範囲の中を... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 08:53

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- #07 [あにめ@ぱらだいす]
第07話 「Bright Side of Life(後編)」 命の重さ、尊さを改めて痛感させられました こんな私でも、たまには真面目な事も言いますょ 昔では考えられないような些細な原因で簡単に人の命を奪う悲しい社会になりつつありますが 今の若い人に是非見てもらいたい作品です ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 09:36

» よみがえる空 7話 [時空階段]
=== なんか〜いつの間にか飛行訓練中の戦闘機が墜落?っぽい展開〜! === 後編なんだから先週からの流れがあったっけ?よく覚えてないわ〜^汗 そんな訳で皆凹んでます。空気重っ! その救命へ出撃している鬼軍曹&主人公君。 なんだかんだで、ヘリの操縦を任されている主人公くんな訳だが腕は良いんですかな〜? == で墜落したパイロットの一人は発見されたが死亡… == うん重いね〜。 残る一人のパイロットの捜索をす..... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 10:08

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第7話 [世界のどこかでアホ毛と叫ぶ]
前回消息を絶ったF-15の捜索が開始される OPは元に戻りましたね いてもたってもいられないイーグルの気付長と気付員 墜落の原因が整備不良という事もあり得るわけで 「不注意は一瞬だが後悔は一生続く。  ミスが命取りになるのはパイロットも整備も同じだ」 真....... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 13:24

» よみがえる空 2月20日付第7回「Bright Side of Life(後編)」 [第23軍日常報告]
よみがえる空 2月20日付第7回「Bright Side of Life(後編)」 今回は前回レーダーロストしたF15のパイロットの捜索だ。 本当に救難ってのは大変なんだな。一人でも救えたら勝ちとしても、五 [続きを読む]

受信: 2006/03/02 16:39

» ■よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第7話「Bright Site Of Life 後編」 [ゆかねカムパニー2]
 整備が完璧で、パイロットの腕が完璧でも、それでもやっぱり事故は起きます。  飛行機は、自然の中を飛んでるんですもん。  バードストライクがあったり、雷が落ちた [続きを読む]

受信: 2006/03/02 18:35

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第7話「Blight Side of Life(後編)」 [電撃JAP]
前回の続きで後編です。消息を絶った小松基地のF-15を捜索する救難の長い1日です。 よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1バンダイビジュアル発売日:2006-04-26amazon.co.jpで詳細をみる [続きを読む]

受信: 2006/03/02 23:02

» よみがえる空 -Rescue Wings- 第7話 「Bright Side of Life(後編)」感想 [ALISAのLOVE DESTINY新館]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1 よみがえる空-Rescue Wings-第07話「Bright Side of Life(後編)」感想です。 本郷さんの熱唱。しかも内田君とのデュエット!!最後ぐっときました。何この名作アニメ(笑)「ひょっこりひょうたん島」でEDとは。やっぱり普通の作....... [続きを読む]

受信: 2006/03/03 00:46

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第5話・第6話・第7話 [070-アーステイル-呼出し中]
見事なまでに前編後編で一つの物語になっていましたね、震えが来るような演出に脱帽です。 この作品は人と人とのコミュニケーションに重きを置いている印象があるんですよ。 [続きを読む]

受信: 2006/03/08 18:09

« 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第6話「Bright Side of Life(前編)」 | トップページ | 【感想】『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』第8話「少年の旅路(前編)」 »