« 【結果発表】感想率調査2005年春 | トップページ | 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第12話「光ある場所へ」 »

2005/06/21

【感想】『英國戀物語エマ』第十二章~スズラン~

エマ(4) さて、いよいよ最終章の『英國戀物語エマ』(監督:小林 常夫)。

 それにしてもだ。
 TVA(テレビ愛知)に続いての早さで観られているTVO(テレビ大阪)での『フタコイ オルタナティブ』(総監督:逢瀬 祭)の放送とは異なり、tvk(テレビ神奈川)の放送から遅れること二日のSUN(サンテレビジョン)で観ていた『英國戀物語エマ』は、他のブログからのネタバレ回避がとっても辛かったです。
 半ばどうでもいい作品ならともかく、『英國戀物語エマ』は自分にとって、とても大切な作品でした。
 ですので毎週、それこそ必死でネタバレ回避に努めていました。

 さて、そんな環境で観ていた『英國戀物語エマ』のラストは、実に誇り高かったと思います。
 正直にいうと、エマ(CV:冬馬 由美)の後を追っていたウィリアム(CV:川島 得愛)が、駅のプラットフォーム上でようやく追い付いたときには、人目も憚らず力強くエマを抱き締めて、「行くな!」と叫ぶウィリアムを勝手に想像していました。
 ところが実際には、エマの方から「ありがとうございました」といわれてウィリアムはもうそれ以上、引き留めることはおろか、何も言葉を掛けることが出来なかった・・・
 こんなウィリアムを、「へたれ」といって非難することも出来るのですが、ここはもう一歩、作品に歩み寄りたいと思います。
 『タイタニック』(監督:ジェームズ・キャメロン)公開時に散々いわれたことですが、世間のより多くの人は、チープなラヴストーリーを求めています。
 先程、自分が想像していた「行くな!」なんていう台詞は、それこそチープもチープ。
 つまりそのチープなラヴストーリーを、自分は求めていたということです。
 対して『英國戀物語エマ』はどうだったかというと、そんなチープなラヴストーリーに陥ることなく、最後まで誇り高いラヴストーリーであり続けた。
 これはもしかすると、多くの視聴者の期待には応えていないのかも知れません。
 現に、「ウィリアムはジョーンズ家を捨ててエマの許へ」という自分の期待には、応えてくれませんでした。
 ですがそれこそが、『英國戀物語エマ』という作品の矜持だと自分は捉えています。

 19世紀末のロンドンに於ける、身分違いの恋。

 これを真面目に描き切ったからこその、『英國戀物語エマ』。
 これを最後まで描き切った小林常夫監督以下総てのスタッフに対して自分は、心から惜しみない拍手を贈りたいと思います。
 本当に良い作品をありがとう。

 これまでの小林常夫監督作品に於ける真面目さは、自分にとっては時として、堅苦しい代物でした。
 ですが『英國戀物語エマ』に於けるこの真面目さは、19世紀末のロンドンを描き切るのに、大いに貢献していたと思います。
 19世紀末のロンドンを知らない自分から観ても、そこはかとなくそれらしさを感じていましたから。

 また「最終章」とせず「第十二章」としたところから自分は、「第十三章」以降があるものと信じています。
 スズランが繋ぐ、エマとウィリアムの行く末を…



 さて最後になりましたが、『英國戀物語エマ』の感想をタイプするにあたり、以下のブログを自分のお気に入りに登録して参照させて頂いていました。

 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
 070-アーステイル-呼出し中
 Cosi Cosi
 KenjiMのブログ~アニメと野球と音楽と
 けん太のアニメ・コミック徒然草
 ここには全てがあり、おそらく何もない
 サブカルチャーに感想を
 ゼロから
 パズライズ日記
 月の砂漠のあしあと
 今日のブログ 明日のグラブロDESTINY
 深夜アニメ館
 吠刀光

 ありがとうございました。


 それでは、よしなに。(順不同、敬称略)

|

« 【結果発表】感想率調査2005年春 | トップページ | 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第12話「光ある場所へ」 »

『英國戀物語エマ』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

最終回」カテゴリの記事

コメント

ネタバレ回避は、お手数をかけてしまいましたね。失礼いたしました。

これは、この後話は続くんだよとの、メッセージと私は受け取っています。
しかし、この世代の方達が、30年後ポアロや、マープル夫人な世界を作っていくのだと考えると、なんかすごく楽しく思えます。

投稿: きつねのるーと | 2005/06/22 21:02

 きつねのるーとさん、こんばんは。

 『フタコイ オルタナティブ』では先行していますので、そこはお互い様かな?と思っています。

 ところで、「30年後ポアロや、マープル夫人な世界」の意味を、掴みかねています。(ポアロも19世紀末のお話ということ?)
 教えて頂ければ幸いです。


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/06/22 22:53

ああ、失礼しましたです。
原作の「ポアロ」は19世紀末の話も有ったんでしたっけ?私が言っていたのは、先月までNHKでやっていた「ポアロとマープル夫人」です。それから、ドラマの「名探偵ポアロ」ですね。これの年代は、1930年代でしたからです。ですから、あの話には電話も出てくるし飛行機も出てくるのですよね。

それから、ぶしつけで申し訳ないですけど、最近私のブログで「ネタのバトン」を受け取ったのです。よろしかったら受け継いでいただけないでしょうか?

投稿: きつねのるーと | 2005/06/25 03:35

 きつねのるーとさん、こんばんは。

 3つのコメントに対して、纏めてコメントにさせて頂きますね。

 まずポアロは、自分の中では鷲崎&伊福部コンビ(笑)なので、掴みかねていました。
 そうですか、1930年代のお話でしたか。

 そちらでは、『フタコイ オルタナティブ』の裏で、『アニクリ2005』を放送されているんですね。
 内容は体たらくでも、ゲストは普段、お話を聞けない方が多いので、取り敢えず観ています。
 石原監督が話されたこと自体は、良かったと思います。

 最後になりましたが、バトンについては、こういった意見を持っています。


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/06/25 21:09

返レスです。
>ポアロ
私も、アニメのポアロはまじめに見てはいなかったのですが、かなり丁寧な時代考証がなされていたように思いましたよ。1930年代の飛行機の実地調査をした証明にNHK独特のおまけフィルムタイムで紹介をしてみたりあって、楽しかったです。
とは言え、「ポアロ」のイメージは、英国製のドラマ「ポアロ」(日本語版CV熊川氏)が強いのですけど…

>バトン
私は、バトンの趣旨をよく理解していなかったようです。特に、最後の「一人から五人に~」は、まったく知りませんでしたよ。これでは、チェーンメールや不幸の手紙と同じですよね。失礼をしました。

ではでは

投稿: きつねのるーと | 2005/06/29 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/4634874

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『英國戀物語エマ』第十二章~スズラン~:

» 英国戀物語 エマ [ゼロから]
エレノアの「ずっと待っていますから」は、ちょっと怖い。 現代ならストカー予\備軍になりそう。 健気なところは、いいが。 やはりあの時代の女性では、これが精一杯なのでしょうね。... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 05:57

» 英國戀物語エマ 第12章(最終回) [パズライズ日記]
英國戀物語エマも、ついに最終回。 身分違いの恋はやはりハッピーエンドというわけにはいきませんでしたが、これで終わりではない“何か”を予感させるラストでした。 「お世話になりました、奥様・・・。」 エマはロンドンを発つ前ケリー婦人の墓に行き、最後のお別... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 06:08

» 英國戀物語エマ #12(最終回) [深夜アニメ館]
エマ、第12話「スズラン」。う~ん、既に落し所は判っていたとはいえ、煮え切らない最終回になっちゃいましたねー。てかウィリアムへたれ過ぎ。 もっとも最初から1クールで収めるのはムリだってのは予想されていたわけですから、中途半端でもここで切るのは仕方ないでしょうね。スタッフは2期目に繋げる気マンマンみたいですから、あとはスポンサー次第って事でしょうか。原作はここから物語が大きく動いていくわけですから、ぜひとも2期目が実現して欲しいところです。 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 07:16

» 英國戀物語エマ 第12章 [Cosi Cosi]
英國戀物語エマ 1 初回限定版 英國戀物語エマ 2 限定版 英國戀物語エマ オリジナルサウンドトラックアルバム 【スズラン】 〜あなたに神様のお恵みがありますように〜 「スズラン」の花言葉は「幸せが戻ってくる」ですって!! アニメではエマとウィリアム、二人の... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 09:06

» 今日の「エマ」12話(最終話)。 [今日のブログ 明日のグラブロDESTINY]
正直なトコロ 「え?コレで終わりなの?」 つーのはあるよね。 一応区切りはついてると言えばついてるし、 別に悲恋に終わったから悪い、つーワケではない。 ココまでの展開からするとこうなるだろうな、とは 思ったし、最終話で逆転ホームランとかされても ソレの方が引くし。 ただ、何つーかな、余りにもあっさりし過ぎている、つーか。 こう・・・「最終回」ぽくないんだよね。 最近はこう言う... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 19:43

» 「エマ」最終回 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
ケリー夫人と、エマとの出会いは偶然と、ケリー夫人の気まぐれ(もしくは挑戦)だったらしい。 いや、挑戦と捕らえるべきであろう。だとすると浮浪児上がりのエマがウィリアムと結ばれるのはケリー夫人にとって、最大の成功と言えるのですね。多分、ケリー夫人は上流階級の中に入っても太刀打ちできるだけの知識を与えているはずです。ただ、エマは察しが良すぎて上流階級との間にある溝を、埋められないものと考えているので、ロンドンを去るこ�... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 21:03

» 英國戀物語 第12話(最終話) 「スズラン」 を語る [けん太のアニメ・コミック徒然草]
今日のEDがなかったのを見て初めてこれがラストだと知りました。12話だったとは…。何もかもに決着をつけるのではない、少し期待を持たせた、それでいて現実的なラスト。綺麗にまとまったんじゃないかと思います。 ひとまずは最終回のストーリーを。感想その他はラスト... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 23:35

» 英國戀物語エマ 第十一章「すれ違い」 第十二章「スズラン」 [070-アーステイル-呼出し中]
あのラストを見てから…… 大分落ち着きました。二人の間の障害はこの程度では乗り越えられないほど高く厚いんだと考えれば、まだまだ始まったばかりなんですよね。 [続きを読む]

受信: 2005/06/23 12:51

» エマ12話感想 [月の砂漠のあしあと]
 朝焼けの霧深く立ち込める、ロンドンの街を名残惜しそうに眺めるエマ、手紙を読んだアルが、訪ねてきます。  ウィリアムにエマの過去を話したのは余計なことだったのかもしれない、怖気づかせてしまったかもしれないと、後悔を除かせるアル。しかし、あのエマの過去は彼... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 21:14

» 英國戀物語「スズラン」 [KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と]
小説 エマ (1)エンターブレイン久美 沙織, 森 薫このアイテムの詳細を見る  見終わって、「え、これ最終回だったよな?」というのが正直な感想。もう1回あるんじゃないのと思ってしまいました。なんか唐突と言うか、あっけなくと言うか、わざとこういう演出を選んだんでしょうね。いままでも押さえた演出というか、極力大げさに盛り上げようとするようなことは一切排除されていたので、最終回もその方向で行ったのでしょう。  まあ、現実ってこういうものですよね。一生の別れが劇的かというと、そんなことありません。あん... [続きを読む]

受信: 2005/07/06 18:17

« 【結果発表】感想率調査2005年春 | トップページ | 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第12話「光ある場所へ」 »