« 【祝】『アニクリ2005』石原立也監督出演決定! | トップページ | 【感想】『英國戀物語エマ』第十一章~過去~ »

2005/06/13

【感想】PlayStation2『AIR』おはこんばんちは!

『AIR』トレーディングカードゲーム公式ガイドブック ということで、おはこんばんちは!

 いやぁ~、すっかり美凪(CV:柚木 涼香)にやられてしまいましたよ。(苦笑)
 おはこんばんちは!なんて今や、『青春ラジメニア』テレフォンサービスぐらいでしか、お耳に掛かりませんからね。
 しかし、これで笑っているようでは、自分の笑いレヴェルの低さが知れてしまいますね。
 ということで、たいへん歩みが鈍いのですが、PlayStation2『AIR』をプレイするにはしています。

 しかしながら、バック(背景)の使い回しが非常に気になります。
 特に、佐久間リサイクルショップでのバイトで立ち寄った、川内さん家(だったと思う)の玄関前。
 いくら何でも、幾度となく登場する神尾家の玄関前のバックを使い回すというのは、どういうことなのでしょうか?
 あれなら、こちらのイメージを阻害しない分、黒一色の画面で進められた方がよっぽどマシです。
 自分はこれだけでももう、充分にクソゲー認定対象なのですが・・・
 ですが、こういったことをいうとまた、以前あった指摘が繰り返されると思われるので、もう少し補足させて下さい。

 以前、やんさんが仰っていた「(画面)情報をコンセプチュアルにとらえて、文章をベースに脳内で無意識に再構成」というくだり。
 文章をベースにしているのだから、神尾家の玄関前のバックを使い回すことぐらい、どうということはないのかも知れません。
 ですが、自分のこれまでの経験からすると、これは単なる"手抜き"にしか見えません。
 例えこの使い回しにより、PlayStation2『AIR』の他の部分が充実していたとしても、そもそもこんな使い回しをすること自体がもう既に、このソフトの制作体制が破綻しているように見えます。
 この意見に対しては、反論が多数おありのことだと思います。
 ですが、繰り返しなりますが、自分のこれまでの経験から、この使い回しは自分の許容範囲を超えています。
 ですので逆に、これを許容できた人にお訊きしたい。

 これまでに、どういったソフトをプレイされてきましたか?
 また、自分の許容できないという意見に対しては、どう思われましたでしょうか?

 これって自分の経験が少なく、キャパシティが小さいだけなのかな?
 Dreamcast『Kanon』のときには、そんなに気にならなかったのになぁ…


 それでは、よしなに。(敬称略)

 P.S. 往人(CV:緑川 光)の関西弁が気になるのですが、あれはネイティヴではない往人が、無理矢理関西弁を話しているという設定ですよね?

|

« 【祝】『アニクリ2005』石原立也監督出演決定! | トップページ | 【感想】『英國戀物語エマ』第十一章~過去~ »

『AIR』」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

あぁ、Airがヘナチョコに言われてる・・・(涙
そういう感想になるのではないかと不安に思っていましたが、やっぱりそうですか・・・
川内さん家がどの場面だか覚えていませんけど、もしかして牛乳のイベントがあったシーンでしょうか?もしそうなら、川内さん家は神尾家の向かいだった気がするので、神尾家の前でやり取りしていてもそれ程不思議じゃない気がしますけど、違うシーンでしょうかね??

ちなみに画面ですけれど、私は一枚絵以外のシーンは殆ど目に入るけど見ていないという状態なので、全然気にならないですね。

投稿: 結城 レイ | 2005/06/15 00:06

> また、自分の許容できないという意見に対しては、どう思われましたでしょうか?
> これって自分の経験が少なく、キャパシティが小さいだけなのかな?

たぶん、そうだと思いますよ。
こういう形式のゲームに対して、”背景を使い回すとクソゲー認定”なんていう、まんま作品のキャパシティを潰して飲み込もうとしているうちは。
自分にあった料理を見つけたからって、そればかり追い求めていちゃ料理批評ができなくなりますよ。さらに”メニューが変わったら皿を変えなきゃ紛らわしすぎてかなわん!”なんてね。

あと、
>Dreamcast『Kanon』のときには、そんなに気にならなかったのになぁ…
から、きっと、あなたは変わってしまったのだと思います。上記のように気にして損する方向に。

以上、あなたにクソゲー認定されたゲーム”も”山ほどしてきた人間より。
だいたい、こんなのでクソゲー言ってたら、やれるゲームなんてないし、伝説クラスのクソゲー達に失礼ですよ。

投稿: イクス | 2005/06/15 00:36

 結城さん、イクスさん、こんばんは。

 川内さん家(だったと思う)は、牛乳窃盗シーンではなく、佐久間リサイクルショップでのバイトで立ち寄ったところの方です。(分かり難かったので、加筆修正させて頂きました)
 それで結城さんは、画面については「殆ど目に入るけど見ていない」とのこと。
 では、SE(効果音)についてはいかがでしょうか?
 例えば晴子の、ドゥカティ モンスター900のSE。
 どうも自分には、"表現している"のではなく、"ただ鳴らしている"だけに聞こえるのですが、いかがでしょうか?

 それと、自分のはあくまでも【感想】です。
 決して、批評ではないです。
 あと、「まんま作品のキャパシティを潰して飲み込もうとしている」という文章が、もう一つ掴み切れません。
 これが掴めれば、イクスさんが何を伝えたいのかを、受け止められると思いますので。

 あと、クソゲーにランク付けをするのは大いに結構なのですが、自分はそちら方面に興味がありません。
 あくまでも、自分にとってのエンタテインメントとしてどうか?だけです。

 それでイクスさんにとっては、自分の基準(?)だとプレイできるソフトはなくなるようですが、自分はこの基準でもこれまでに、たくさんのソフトを愉しくプレイしてきています。
 ですので、全く損はしていません。


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/06/15 00:58

>自分はこの基準でもこれまでに、たくさんのソフトを愉しくプレイしてきています。
 ですので、全く損はしていません。

いや、よかった。お節介ですが、そこが心配だったので。
これからも楽しくプレイしていってくださいね。
苦くても渋くても、それら含めて最後には”美味しかった”という幸せを掴めますように…

投稿: イクス | 2005/06/15 01:48

こんばんは。昨夜(今朝か?)の続きで補足しておきます。

私に至ってはAIR[SE]をプレイ、元よりPC用AVGなので、キャラの動作がどうこう求めていませんでした。
18禁ということで内容に規制?があったりするのも嫌いました。(この辺はど~でも良いかw)ハッキリPS2版フルボイスバージョンは興味有りませんでした。

最初は私も背景やキャラCGが気になった方です。拒絶反応より探究心が勝ったという感じで、初めに手を付けた佳乃編が終わる頃には絵には慣れてしまいました。

バイクのSE、はっきり言って気になりました。しかしタンクに描かれた「DOCATI」の文字を見て吹いたw。M900でもM400でもないんでしょう、きっとw と、放置。映画「BLACK RAIN」よかマシかとも。
(肖像権や版権においてカジバ・ジャパンの時からかなーり五月蝿いんですがね)

まぁ、なんのかんのと言っても皆さんが仰るとおり、「個人の許容範囲の問題」なのでしょう。
重箱の隅を突いて留まるよりは、先に目を向けて話を進める方が私的に性にあってるんです。それだけの事なんですよ。


「イヤならやめても良いんじゃよ」

と、空の庭に居座るクソジジィに言われた言葉を思い出しました・・・

投稿: ごす | 2005/06/15 20:37

 イクスさん、ごすさん、こんばんは。

 最後には"美味しかった"といえるよう、今日も皆さんのご意見に耳を傾けております。

 それでごすさんのいう「拒絶反応より探究心が勝った」というところは、自分も同じです。
 別に自分は拒絶反応を起こしている訳ではないのですが、PlayStation2『AIR』の完成度が低いと感じる以上に、「どうしてこのソフトがこんなにも人気があるのだろう?」という思いの方が強いです。

 それと自分に、重箱の隅を突いているつもりはありません。
 そのぐらい出来ていて当然と思っていることを、そのまま指摘しているだけです。
 ですがそのことがごすさんからは、重箱の隅を突いているように見える。
 このギャップが自分には、不思議で仕方ないのです。
 言葉は非常に悪いのですが、勇気を持ってタイプすると、そんなにも今の(ごすさんのいう)PC用AVGの完成度は、低くて当たり前のものなのでしょうか?
 自分はSS版しかプレイしたことがないのですが、『EVE burst error』や『DESIRE』では、そんなことはなかったと思います。


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/06/15 22:30

こんばんは
寝る前にコメントを。

>「どうしてこのソフトがこんなにも人気があるのだろう?

これは私がAIRをプレイするに至った動機ズバリそのもの・そのままです。さらに私はセコい事に金額面でも痛くない様にPC版[SE]を選択しました。(ここ正直にKey公式レビューにも書きました)


>今の(ごすさんのいう)PC用AVGの完成度は、低くて当たり前のものなのでしょうか?

これは・・・どうなんでしょ??

前回も書いた様に私はゲームに詳しいわけでは有りませんが、(AIRは初回発売が2000年でしたっけ?)
 「私的には気にならなかった」
としか言い様が無いです。言い換えればこんな物と認識していました。(今までやってきた03年位のPC版エロゲなど似たようなシステムでしたしw)

私がAIRを気に入ったのは、そのストーリー性と「シナリオ」ですね。ストーリーと予測の付かなかった結末と過去の因果関係。こういうゲーム(話)もあるんだ、と正直に感動しました。
(っても、先にTVアニメ観てたらネタバレでしたね)

それでは、おやすみなさい(・∀・)ノシ

投稿: ごす | 2005/06/16 01:57

 ごすさん、こんばんは。チャットでお世話になっています。

 『EVE burst error』や『DESIRE』、他にも『リフレイン ラブ ~あなたに逢いたい~』や『個人教授 -La Lecon Particuliere-』(AVGではないかな?)などなど、自分的に完成度の高い作品はたくさんあります。
 このあたりのソフトは、中古市場にごまんとあるはずなので、手に取って頂ければ。


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/06/16 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/4540816

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】PlayStation2『AIR』おはこんばんちは!:

« 【祝】『アニクリ2005』石原立也監督出演決定! | トップページ | 【感想】『英國戀物語エマ』第十一章~過去~ »