« 感想率調査2005年春 | トップページ | 【祝】『アニクリ2005』石原立也監督出演決定! »

2005/06/09

【感想】『フタコイ オルタナティブ』第10話「クマのように舞い、イカのよう刺す」

 さて、思い知れ、関東地方!(笑)の第十弾。

 野球中継のお陰で30分遅くなったため、ただでさえも遅い放送開始時間が、今夜は3:40~・・・
 やはり寝る前のEPG(電子番組表)チェックは、欠かすことが出来ません。



 さて、双樹(CV:門脇 舞)の養育費として差し出された、ざっと二千万円ぐらいはある札束を、頑として受け取らない恋太郎(CV:関 智一)。
 そんな恋太郎に対して、三ツ木グループ秘書室長:霜島 涼(CV:伊藤 栄次)は、「要するにガキってことか?」と挑発する。
 だが、双樹を幸せにする具体的なプランを何一つ持たない恋太郎は、そんな霜島に対して何もいい返せなかった。
 つまり、図星だったのだ。
 ちなみにこれは余談ですが、胸の大きさで女が決まる訳ではないように、チンコの大きさで男が決まるわけではないと思うのですが、皆さんのはどうなのだろうか?(そんなこと訊いてどうする?(笑))
 このあと、双葉探偵事務所の残骸を目の前にして恋太郎は双樹に、「公彦さんとこ、帰れよ」という。
 そんな恋太郎に対して双樹は再び、「私を捜して」と依頼する。
 この、再び繰り返された双樹からの依頼は、レーゾンデートルの確認作業なのでしょうか?
 番組開始時に示されていた「三人でいたい」というテーマに対して、理詰めではなく、キャラクタの感覚によるアプローチを掛けていると捉えれば、これらの行動には合点がいきます。
 お互いを求め、求められることによって、お互いのハッピーを確かめ合う、恋太郎と双樹。

 しかしこの銭湯シーンにあった双樹の下着姿が、本当に良く描けています。
 まるでインナーのパンフレットのように、エロスはまるでないですし、骨格もきちんと取れている。
 そして、こういった部分動画の一枚絵で魅せてくるかと思いきや、その後の紫 和泉子(*1)恋太郎vsイカファイヤー(CV:長島 雄一)戦では、'80年代を彷彿させるような大きなアクションで魅せてくる。
 本当に『フタコイ オルタナティブ』(総監督:逢瀬 祭)は、多芸に秀でていると思います。

 さて、そのイカファイヤーに「いらねぇよ」と切り捨てられた恋太郎は、「(何もかも忘れて)どこか、遠い国へ行きたいのですが」と、伊國屋書店の店員に呟く。
 そこまで落ち込んでいた恋太郎に朱雀婆さん(CV:真山 亜子)は、「父親そっくりの自惚れた思考回路だよ」と、諦めとも励ましとも取れる言葉を投げ掛ける。
 この台詞がきっかけとなって恋太郎は、ようやく双樹を捜し始めます。
 第6話の「どうして好きなのに別れちゃったの?」が、ここに掛かっているのですね。
 双樹を幸せにする何かが欲しかったのか、意地でも親父を超えていきたいのか、はたまたその両方なのか?
 いずれにしても、ノープランなのは相変わらずですが、少なくとも「公彦さんの方が…」ではなく「俺が双樹を幸せにする!」という腹積もりは固まったようです。

 さて、オープニングは相変わらずなのですが、今回もまたエンディングが変更されていました。
 ノンヴォーカル・ピアノソロヴァージョンの「ぼくらの時間」。
 かと思いきや、前回の双樹と沙羅の泣き叫びの映像とともに、ラストの「戻ることのない日々、ココロを残して…」の部分だけがオンヴォーカルとなり、更にそのままTVCFを挟まずに次回予告へ。
 この次回予告もピアノソロをバックに、「もしあのとき沙羅と双樹を抱いていたらハッピーになれたのだろうか?」の手書き文字。

 「FILE11 燃える二子魂川」

 恋太郎が二人に手を出さない理由が未だに不明なのですが、『フタコイ オルタナティブ』のこういった演出によって、自分はぐいぐいとこの雰囲気に引っ張っています。

 そういえば今回は、沙羅の出番がなかったため、水橋さんのお名前自体が、クレジットされていませんでしたね。
 それと長島さんは、ノリノリ(死語)でイカファイヤーを演じられていましたね。(^^)

 次回も愉しみにしています。


 それでは、よしなに。(敬称略)

 (*1)『D.C.P.C.~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション』(2004 CIRCUS)に登場するクマのこと、CVはみずのかっぱさん。

|

« 感想率調査2005年春 | トップページ | 【祝】『アニクリ2005』石原立也監督出演決定! »

『フタコイ オルタナティブ』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/4482604

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第10話「クマのように舞い、イカのよう刺す」:

» --フタコイオルタナティブ  #10 クマのように舞い、イカのように刺す より-- [深夜アニメ つれづれ日記]
アーティスト: 桜月キラ&桜月ユラ(伊月ゆい&綱掛裕美), 畑亜貴, 鶴由雄, 渡邊美佳, 渡部チェル タイトル: 双恋 キャラクターコレクション-1 桜月キラ&桜月ユラ テレビ大阪 6月9日 26:10放送 フタコイオルタナティブ  #10 クマのように舞い、イカのように刺す より、    今回のフタコイオルタナティブは・・・・いつもにまして・・・・・ ... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 00:56

» フタコイ オルタナティブ 第10話 [パズライズ日記]
今回は、ますます鬱展開かと思いきや、イカファイヤー登場で急展開なお話。 中盤いきなりイカファイヤー登場で、何事かと思いました。 アクションに戻るのは鬱展開が終了してからだと思っていたので意外な展開ですが、この対イカファイヤー戦を通して恋太郎が成長するの... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 06:24

» フタコイ・オルタナテイブ第10話を見て [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 今回は、かつて恋太郎の父が戦ったイカ怪人(?)が再び登場。最近のこの作品になかったアクションシーンがあったりして、かなり動いていた印象。  にしても、その他のあまりにも切な過ぎる描写と、このイカ男との対比がすごすぎて、いささか浮いているような気がしないでもないが… 公彦からの使いの人が、「自分の太さ、長さ、ムケ具合を分からないやつはガキだ」と言い放つ場面…自分の胸にグサリと来�... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 20:19

» フタコイ10話全国最速クラスレビュー [表ぷれちぇ]
こんにちは、水橋かおりと門脇舞だったら水橋かおり派のcheです。 フタコイオルタナティブ10話レビューのお時間ですが 今日はキャプチャボードがおかしかったので画像はなしでお送りします 心の目で見てください ビデオからなんとかげっつ まず初めの銭湯のシーン。 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 23:39

» フタコイオルタナティブ第10話「クマのように舞い、イカのように刺す」 [Heart of the Daze]
ドラマティックストーリーから一転、SFまがいのアニメになってしまった。 しかし面白いことに変わりはないわけで。 あいも変わらず白鐘はサービスカットを出し惜しみしない。 今回は双樹でした。というか沙羅が出ない!! パオーン。霜島さん's包茎チンコを握り締.... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 00:59

» さあ、選べっ! おまえは男になるのか! 男になるのか! 男になるのかっ! [Je pense, donc je suis.]
 フタコイオルタナティブ第11話「クマのように舞い、イカのように刺す」 ネタは出来るだけスルーで。と思ったけど実はあまりネタは無かったような? [続きを読む]

受信: 2005/06/11 01:23

» フタコイ オルタナティブ #10 「クマのように舞い イカのように刺す」 [師匠の不定期日記]
タイトルが意味不明杉なのですが、本編見たらそれなりに納得?してしまいました。本来は、蝶のように舞い、蜂のように刺すでしたかね。今のところ、気がかりなのは沙羅なのですが、完全に置いてけぼりな状態なので、どこで復活するのかが注目ですかね。この先は以下でどうぞ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 01:57

» フタコイ オルタナティブ [まみりんBBS@ブログ]
フタコイ オルタナティブ
とりあえず、OPが萌える、曲もノリノリだし(笑
双子キャラクターは萌え萌えですな〜(爆
[続きを読む]

受信: 2005/06/11 02:04

» フタコイ オルタナティブ 第10話 [宇宙魔王の秘密基地]
物語が一気に急展開!!言ってみればシリアスからバトルモノに変わったって事ですね。まあこのままグダグダ展開にしててもしょうがないといえばしょうがないですがね(笑)でもこれは急すぎますが・・・でもおもろいからええや(ぇイカファイアーの登場で物語もクライマックスに突入(... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 03:48

» フタコイ オルタナティブ 第10話 [ナナメから見てみる]
再び「イカ」登場でアクション部突入。 沙羅がいないまま物語は進んでいきます。 その代りに来たイカ。 ここにオルタナティブはないでしょうが、インパクトではかなりのものです。 【フタコイオルタナティブ 第10話 〜クマのように舞いイカのように刺す〜】 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 11:08

» 今日の「フタコイ オルタナティブ」10話。 [今日のブログ 明日のグラブロDESTINY]
まさかまさかの イカファイヤー再登場。 しかもNARUTOだよ! 効果音まで同じだよ! その前の「江戸」とかもギリギリだったけど(笑) コレまんまじゃん。 いくらぴえろが動画に入ってるとは言え、度胸あるなあ(笑) そしてこのクマイカバトルと銭湯の双樹だけが 見せ場だったかな、と。 実はすっかり溜め込んでいて4話から一気に見たんだけど(苦笑) 中盤以降の展開ってどうにも合わない、つーか... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 17:29

» フタコイ オルタナティブ #10 [深夜アニメ館]
フタコイ オルタナティブ、第10話「クマのように舞い イカのように刺す」。グズグズも3話続くと流石にキビシイですなあ。でもその後の跳躍のためにはタメも必要。あとはどれだけ高くジャンプ出来るかが見モノです。 でも今回のイカはありゃ唐突過ぎるよなあ。意外性は満点だけどそれがいいのか悪いのか・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 18:16

» フタコイ オルタナティブ #10 「クマのように舞い、イカのように刺す」 [俺のタイムラグ]
そろそろ終盤 シリアス、鬱な展開になってきたオルタナティブ 今後どのようになっていくのかまったく先が読めませんね。     いつもの銭湯に一台の車がやってくる それにしてもフタコイって銭湯シーン多いねw   髪を洗う恋太郎 「リンスリンス〜」 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 19:51

» フタコイ オルタナティブ 10話 [アキバ世代blog]
クマのように舞い イカのように刺す タイトルは恐ろしく謎であるのに、しっかりした内容で良かった。 EDの演出ではなぜか泣ける泣ける。 ここまですごいアニメになるなんて双恋からじゃ想像すらできなかっただろう。 大まかな内容とそれに対する感想を挙げて... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 22:13

» フタコイ オルタナティブ 第10話 FILM 10 「クマのように舞い、イカのように刺す」 [070-アーステイル-呼出し中]
「蝶のように舞、蜂のように刺す」とはモハメド・アリの「floats like a butterfly and stings like a bee」言葉からなのでしょうが「floats like a Bear and stings like a Cuttlefish」となるのかな? [続きを読む]

受信: 2005/06/13 13:03

» フタコイ オルタナティブ FILM10/双樹の下着が可愛すぎる件について [遊悠自的★liberal∞ideas]
FILM10 クマのように舞 イカのように刺す 【1行あらすじ】 双樹とアンニュイ生活の中、イカとのニコタマ聖戦再び  誰もがキャプりたいであろう双樹 into the 銭湯湯船。非ムケチンの恋太郎は、まだまだ男としてなってないから、ガンムキして”漢”になれということ。そし..... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 14:26

» フタコイ オルタナティブ第10話『クマのように舞い、イカのように刺す』 [桃月マンガ研究部blog]
朱雀湯に入っていた恋太郎と双樹。 そこに三ツ木グループの霧島がやってくる。そこに積まれたのは札束。 いわば、生活費を提供しようというのだ。恋太郎は拒否するが…… 霧島 「責任を持って守る?どうやって守る!     貯金は?保険は?年金は?     誰も傷... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 17:36

» フタコイ オルタナティブ 第10話 「クマのように舞い イカのように刺す」 [吠刀光]
 生きていたぼくらの味方イカファイヤー!!  恋愛、アクション、ギャグ、エロ、そしてイカ・・・ 「フタコイ オルタナティブ」に必要な要素が全て揃いました。  あとはボンタくん、君の復活だけですよ。  続き→... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 14:14

» フタコイオルタナティブ第10話感想 [ひなたのゆめ]
アニメ フタコイ オルタナティブ 第10話 「〜クマのように舞 イカのように刺す〜」 感想   二人いないフタコイなんてということで今週のフタコイの感想です。 双恋であまり、沙羅双樹が出てこなかったからって今回は双樹頑張りすぎです。 他の双子がもう忘れられ... [続きを読む]

受信: 2005/06/16 19:18

« 感想率調査2005年春 | トップページ | 【祝】『アニクリ2005』石原立也監督出演決定! »