« 【前途多難】トゥルーハイビジョン放送 | トップページ | 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第8話「サはさよならのサ」 »

2005/05/24

【感想】『英國戀物語エマ』第八章~時計~

エマ(4) 「あのエマが好きになったのよ」
 この、何の変哲もないケリー(CV:中西 妙子)の台詞は、自分の胸に深く突き刺さりました。
 ほんの少し、本当にほんの少しだけ抑揚を強めたこの台詞には、ここにはタイプし切れないほど、たくさんの豊かな感情が込められていました。
 アクションは殆どありませんし、たくさんの台詞があったわけでもありません。
 ですがこのシーンは、こんなにも温かい想いで溢れている。

 脚本は、台本で魅せようとする。
 演出は、絵コンテで魅せようとする。
 動画は、動きで魅せようとする。
 声優は、声の演技で魅せようとする。

 このシーンはというか、この第八章~時計~は、そのどれかが突出していたわけではありません。
 そのどれもが、まるで自己主張をしていないかのように、ぐっと抑えられていました。
 ですが自分はすぐに、この受け取り方が間違いだったことに気が付きました。

 少しでも無駄な台詞があろうものなら…
 少しでも無駄なカットがあろうものなら…
 少しでも下手な動きがあろうものなら…
 少しでも下手な芝居があろうものなら…

 これは抑えられていたのではなく、それぞれのパートが恐ろしいまでに高いところで、作品として実を結んでいたのだと思います。
 視聴者サイドはこれを、「完成度が高い」の一言でいい表すことが出来るのですが、そんな言葉で片付けてしまって、本当にいいのでしょうか?
 『英國戀物語エマ』(監督:小林 常夫)はこれを、TVシリーズでやってのけています。
 SUN(サンテレビジョン)では、地上デジタル放送でも4:3画面のレタボックス放送なのが玉に瑕ですが、次代を担うのに相応しい作品であると、自分は思います。

 次回予告の「第九章~ひとり~」の文字を見て、独りになってしまったエマ(CV:冬馬 由美)のことが、とても心配になってきました。
 フィクションの住人に、心を掻き乱されています。


 それでは、よしなに。(敬称略)

|

« 【前途多難】トゥルーハイビジョン放送 | トップページ | 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第8話「サはさよならのサ」 »

『英國戀物語エマ』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

泣かせる話でした。医者を呼ぶと急ぐアル、言葉の意味を遅れて理解するエマ。階段を駆け上がることの意味は、これまでのエピソードで深みがあります。穏やかな寝顔とのギャップにあっけにとられる=>不安がよぎるが期待を込めて語りかける=>全てを察し、泣き崩れる、という一連の感情が丁寧に描かれており、感服しました。絵だけではない、声だけではない、見事なアニメでした。

原作では、来週分9話に回想としていれられるだけで、直接的な描写はありません。ただ、今後の話を考えると、描いたアニメ版の方が上手いやり方だと感じました。

ただ、残り話数でどこを落としどころにしてくるのか、非常に心配です。リチャードの見上げる絵の女性を(誰かは存じているのですが)どのように絡めてくるのか。今後は、かなりオリジナル展開を突き進みそうな雰囲気を感じています。

投稿: やじ | 2005/05/27 23:47

 やじさん、こんばんは。

 原作未読の自分には、落とし所が見えないでいます。
 ベタベタで行けば、ウィリアムが総てを投げ出してエマの元へというのがパターンかと思うのですが、今のところそのような雰囲気には見えません。
 『美鳥の日々』では、きちんとハッピーエンドでしたので、『英國戀物語エマ』もそうなるのかな?


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/05/29 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/4268465

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『英國戀物語エマ』第八章~時計~:

» 英國戀物語エマ 第8章 [Cosi Cosi]
英國戀物語エマ オリジナルサウンドトラックアルバム 英國戀物語エマ 1 初回限定版 英國戀物語エマ 2 限定版 【時計】 〜楡は丘に葦は水辺に生えているのが自然で正しいことなんだ〜 展開を知っていながらも同じ箇所で泣いてしまったよ。 先週のケリーさんの具合... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 20:41

» 英國戀物語エマ 第8章 [パズライズ日記]
ウィリアムがとうとう決心して、エマとの交際を父リチャードに話すというお話。 しかしその一方で、ケリー婦人が・・・。 ウィリアムからの手紙の数も結構なものになっているようですね。 それを読むエマ、幸せそうです。 懐中時計を修理に出した時計屋での「脚を... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 20:47

» 今日の「エマ」8話。 [今日のブログ 明日のグラブロDESTINY]
やっぱり 前回が2人にとってピークだったのかなぁ、と。 兄弟、そして父にエマとの事を話し、予想通り 反対されるウィリアム。 この時代に於いてはハキムやケリーのように理解 してくれる人の方が珍しい、つーコトはわかって はいますが、やはりどーしても彼らは憎まれ役に 映ってしまいますね。 ウィリアムもウィリアムで、弟もいるコトだし 家を出るくらいの覚悟も持って欲しいかな、と。 #その辺がやはりボンボンか。 そしてそんな�... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 21:47

» 英國戀物語エマ「時計」感想 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
気になりましたら、クリックどうぞ♪ [10秒で分かる、今日の「えいこくこいものがたり えま」] 予兆の時計 不吉な予言 逃げ場なき友人の言葉 非難と言葉攻めの嵐 対決と退却 願いと眠り 永久の別れ ういうい、それでは「英國戀物語エマ」の感想へと・・... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 01:05

» 英國戀物語エマ 第八章「時計」 [070-アーステイル-呼出し中]
「あのエマが好きになったのよ、エマの力になってあげて……」ケリーさんのエマに対する思いの深さが伝わってきて…… アルの優しさを知っているからこその言葉でしたね。その後はただただもう……... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 03:36

» 英國戀物語エマ #08 [深夜アニメ館]
エマ、第8話「時計」。やっぱり、こう来ましたか・・・。今回のエピソードも原作とは違いますけど、それでも原作のエッセンスは崩さず見事に仕上げてきてますね。素晴らしい。 でも流石にこのペースだとやはり原作2巻、もしくは3巻冒頭くらいで1クール終りになりそう。エマの物語が大きく動き出すのはそこからなんですけどねぇ。ホントに2期ないの?発表されてないだけで実は準備されてたりして・・・。マリみての時のように。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 01:37

» 「エマ」第8話を観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
これより早い、インプレッションってありますでしょうか?あったら、是非TBをお願いします。 ウィリアム君、ジョーンズ家内で孤独な(?)戦闘開始していました。 彼は、どうあってもエマと身分を越えた結婚をする決意を秘めて、家庭内紛争に突入します。 父親に暴露する前に、姉弟たちに弾みで暴露させられてしまい、それはもう大騒ぎです。表立て反対を表明していないのは、姉だけらしいです。それにしても、内心はかなり怪... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 21:31

« 【前途多難】トゥルーハイビジョン放送 | トップページ | 【感想】『フタコイ オルタナティブ』第8話「サはさよならのサ」 »