« 【当選】劇場版『AIR』先行鑑賞会 | トップページ | 【感想】『AIR』第五話「つばさ -wing-」 »

2005/01/28

【感想】『AIR』第四話「はね -plume-」

 さて今回は少々、辛辣な内容になるかも知れませんが、ご容赦下さい。

 自分はこれまで『AIR』に対して、ストーリーへの感想を述べてきませんでした。
 それはこれまでの『AIR』が、伏線を鏤めることに重きを置いていたからです。
 今回だって、遠野美凪(CV:柚木涼香)とその母(CV:山本百合子)とみちる(CV:田村ゆかり)の伏線を引いているぐらいですから。
 また伏線は、それ自体が重要ではなく、結末を含めてストーリーを俯瞰した時に、初めて意味をなすものとの観点から、まだストーリー的なことは語れないと思っていました。
 ですのでこれまでは、映像についてのみでいいだろうと…
 ところが今回の第四話「はね -plume-」では、霧島佳乃(CV:岡本麻見)に掛けてきた数々の伏線が一気に開花。

   魔法遣い
                           空を飛びたい
         突然の首絞め
                    黄色いバンダナ
     多重人格
                                 すすき野原
               そして…"はね"・・・

 これらの"点"が、一気に"線"として繋がりました。
 ストーリーテーリングとしては、凄いと思いました。
 ところが・・・これが作品としては面白くないのです。
 佳乃の代わりに黄色いバンダナが、佳乃の母(CV:萩森侚子)の許へ向かうことで、ストーリー的には一区切りとなります。
 ですがこの作品は、この大きな区切りをもって、いったい何を訴えかけたいのでしょうか?
 このストーリーは全くもって、自分の心に楔を打ち込んでこないのです。
 では『AIR』は、何気ない日常を描いているのか?というと、そうでもない。
 明らかに非日常を持って、何かを訴えかけようとしている。
 それこそタイトルにもあるように、作品が持つ独特の"空気"をもって、何かを訴えかけようとしている。
 なのにどうして?・・・

 自分がこういった感想になる原因は、自分のリテラシー不足によるものだと思うのですが、その一方で、原作ソフトをプレイしていると、感想も全く変わってくるのではないか?という思いもあります。
 これまで他の方の感想を拝見していますと、原作をプレイしている人なら悦に入れるカットが、随所に鏤められているようです。
 そうするとこの、第四話に於ける何も無さだって、後々への大きな伏線かも知れない?
 何しろ次回は、「はね -plume-」を束ねた「つばさ -wing-」ですからね。

 ですがいずれにしましても、今回の『AIR』が自分にとってはもう一つだったということに、変わりはありません。
 これからネット上に散らばる皆さんの感想を熟読玩味しまして、自分の審美眼を鍛えていきたいと思います。

 さてその後、皆さんの感想を読み込んだ上で、もう一度第三話から観直してみました。
 すると随分、印象が変わってきました。
 「第四話に於ける何も無さ」と評していましたが、佳乃に注目すると、たいへん見所がありました。
 むしろ、これでもかといわんばかりに、霧島一家の温かさが伝わってきました。
 第三話で「もしも魔法でお母さんに会えたら、お母さんに謝りたい」という佳乃に対して往人は、「謝るんじゃなくて、お礼をいうんだろう」といいます。
 そして第四話で聖(CV:冬馬由美)に、「魔法なんてもの、初めからありはしなかった」といわせておいた上で、佳乃に「私を生んでくれてありがとう」といわせ、更にそれを往人が「それはお前の魔法だ」という。
 これ、すげぇ!いい話なんですけど。
 どうも初見のときは、ここに眼が行かなかったのですが、往人じゃなくて佳乃を主軸に捉えると、第四話もたいへん満足のいく出来映えでした。
 「作品として面白くない」なんてタイプして、ごめんなさい。
 作品としても、充分に面白かったです。

 それと映像的なことについてですが、これまでと比較すると、随分と大人しくなったなぁという印象です。
 ですがそれでも、他のTVシリーズを大きく上回っていると思います。(裏番組とは、そもそも同じ俎上に載りません)
 レイアウト作画監督はクレジットされていませんが、きちんとレイアウトの取れた映像は、観ていて気持ちがいいです。


 それでは、よしなに。(敬称略)

 P.S. エンドテロップでは「萩森徇子」でしたが、正しくは「萩森侚子」です。

|

« 【当選】劇場版『AIR』先行鑑賞会 | トップページ | 【感想】『AIR』第五話「つばさ -wing-」 »

『AIR』」カテゴリの記事

アニメーション」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

今回見逃してしまい、感想を書いておりませんので、TB返しはしないでコメントのみにさせていただきますね。

今回の放送を楽しみにしていたのですが、イマイチだったようですね…。オチが悪かったのですか?
やっぱり百聞は一見にしかずですね!

私が思うに、往人の捜し求めている翼を持つ少女はこの町にいて、主要な人物を虱潰しにしていき、最後に見つかる、というストーリー展開だと思っているのですが、その少女があまりにも近くて「空気」のような存在ということかなぁ?と勝手に想像していました。(あくまでも妄想なので、お許しを…。)
まだまだ序盤で何を言っとんじゃと思われるでしょうが…。

じっくりストーリーを味わうタイプのアニメかと期待していたんですが、なんか残念ですね。映像もキレイなのに…。

投稿: カメリア | 2005/01/28 20:39

 コメント、ありがとうございます。

 他の方の感想を拝見しますと、親子愛とか姉妹愛とか、そういったところが今回の肝だったようです。
 そういったところに着目して、もう一度観てみようと思います。

 ところでカメリアさんは、iLINK録画機器をお持ちでないのでしょうか?


 それでは、よしなに。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/01/28 21:27

原作をやっている方はわかると思いますが,AIRのメインストーリーは観鈴のストーリーです.
そして,佳乃および美凪関連のストーリーは,ゲーム上では,往人(プレーヤー)が選択を行うことによって分岐する,いわば「他の可能性」なのです.
「力を持つものに課せられた,はるか遠い約束」.これは空にいる少女を捜すことですが,往人にとって,その約束を果たすことのみが人生における選択ではありません.そんな約束のことなど忘れて生きていくという選択も,この町では手がかりは見つけられず別の町に移って,旅を続けるという選択もできるでしょう.往人が空の少女を捜す旅をやめて,ささやかな幸せを求めて生きていく.そんな選択をした往人の生き方と幸せ,それを表しているのが,原作における佳乃シナリオだと思います.
アニメでは3人のシナリオすべてを絡めつつ進まなければならないので,そういった位置づけがわかりにくいかもしれませんね.
…といったこんな感じのことが,すべての話が見えてきた後に,わかるようになると思います.今はとりあえず先の話をもっと見ていくしかないようですね.
長文失礼しました.

投稿: 景彡 | 2005/01/28 23:08

原作ファンです。
原作での佳乃シナリオの位置付けや、
アニメ化の都合上の弊害は景彡さんの仰る通りだと思います。
それに関連して感じたことですが、
ゲームだとあれでエンディングなので矛盾は起こらないんですが
アニメだと「空にはあいつに行って貰おう」と言った往人が、
別シナリオのために、また少女を捜し続けなければならないため
主人公の心情を印象的に描くことをわざと避けていた気がします。
この部分に限らず、パラレルだからこそ成立するギミックに関しては
アニメでは描くことを放棄しているように見えるので、
アニメを通して見ても全体像が見えてこないんじゃないかという不安はあります。

投稿: yan | 2005/01/29 03:38

 景彡さん、yan さん、コメントサンクスです。

 お二人のコメントを拝見していますと、今回の第四話を薄味にしたのは、第五話以降を念頭に置いてのことのようです。
 つまり全体のバランスから、第四話をこのようにしたと。
 それであれば、納得はします。ですが・・・
 これまで、ハイクォリティの名をほしいままにしてきた京都アニメーションなので、ここは敢えて苦言を一つ。

 一本の映画であれば、全体を通しての面白さのために、このシーンはこうしたという論法は通るでしょう。
 ですがTVシリーズの場合、全体を通しての面白さが問われるのはもちろんのこと、その回だけを見た視聴者をも惹き付ける、各話ごとの面白さが要求されます。
 そしてこの、全体を通しての面白さと各話ごとの面白さは、多少は相反するかも知れません。
 ですが、決して相容れないものではないでしょう。
 これは一視聴者の我が儘かも知れませんが、石原立也監督率いる『AIR』スタッフなら、必ずこの両立を成し遂げることと信じています。

 これからの『AIR』に期待しています。


 それでは、よしなに。

 P.S. フィルムが全部アップしていたら、期待もへったくれもないよな…

投稿: Akihiro Inda. | 2005/01/29 19:34

コメント、TBありがとうございます。

あのような質問、頂きまして幸せです。

アニメ制作自体に興味を持たれているとすれば
自分としては全力でお答えしたいと思うところ
でして。
自分の答えに間違いもあるかと思いますがそこは
ご容赦くださいませ。まだまだ勉強中ですので・・

>AIR 
自分は原作プレイしていますがアニメになれば
キャラは動いてくれますし、表情も変わります。
情報としては多く、しかし見られる時間は少ない。
この矛盾を捌ききれればAIRはすごい作品に
なると思い、今後に期待しています。

では、失礼いたします。

投稿: カヨウ | 2005/01/31 14:39

TBありがとうございました。

なるほど、原作を知らない方がこの作品を見るとこうも変わってくるんですね。なんだか感想を読んでいて新鮮でした。私などは根っからの原作ファンなので作品の意図を知っている分感情移入もしやすい、もといのまれやすいので、これ以上にないくらい満足なんですwとにもかくにも、アニメ「AIR」には今後も期待ということで失礼いたします。

PS.劇場版AIRの感想楽しみにしてますw

投稿: 流浪人 | 2005/02/03 10:01

 コメント、サンクスです。

 最初の頃は、OPの切られ方に違和感を抱かない分、原作を知らない方が特じゃないかと考えていました。
 ですが最近、やっぱり知らないと…と思い始めています。
 流浪人さんのいう「残酷なまでの切ないラストシーン」などなど、ネット上には気になる単語がいっぱいです。(^^)
 そんな最中に迎える、今夜の第五話。
 更に明日は、劇場版の先行鑑賞会・・・

 果たして、"原作ソフト未プレイ"が吉と出るか凶と出るかは、半ば賭け状態です。(笑)

 ご期待に添えるかどうかは分かりませんが、土曜日の内には、劇場版の感想をアップするつもりです。


 それでは、よしなに。

 P.S. 流浪人さんのメアドから、随分前にタイプした感想を思い出して、アップしました。ご一読頂ければ、幸いです。

投稿: Akihiro Inda. | 2005/02/03 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1613/2726234

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】『AIR』第四話「はね -plume-」:

» いつか見えた優しさはもうない [毎日がEveryday +Resolutions+]
・アニメ 『AIR』 第4話「は ね〜plume〜」 感想  最速更新とか言っときながらこんな時間になってすみません。朝起きてみんなのサイトを回ってたらク... [続きを読む]

受信: 2005/01/28 21:39

» AIR #4 「はねーPlumeー」 [アニメ見てますか?....見切れませーん。]
 #4 「はねーPlumeー」  佳乃編終了。  3話までのクオリティが素晴らしく、それに呼応するように各方面の評判も凄かったから、やや興奮気味で放送を待ってし... [続きを読む]

受信: 2005/01/29 10:33

» AIR 第4話 [せおっこのなんでもないことをかきとめるばしょ]
今回はリアルタイムで見れました 佳乃編終了しましたね ちょっとクオリティ下がってる気がしますが、予告を見る限り次回はまた高いレベルで魅了してくれるでしょ... [続きを読む]

受信: 2005/01/29 18:55

» AIR 第四話 はね−plume− [Old Dancer's BLOG]
 みーんーなー! ついてきてるかー? [続きを読む]

受信: 2005/01/29 21:09

» AIR 第4話 [ナナメから見てみる]
OP前アバン、先週の佳乃が振り返るシーン。 先週「フルアニメーションのような」 と書きましたが、れっきとしたフルアニメーションでした。 1コマ送りをす... [続きを読む]

受信: 2005/01/30 21:30

» ■AIR 第四話「はね~plume~」 [ゆかねカムパニー2]
 今回は、かなり分かりやすい展開だったみたい。  そして、最後は綺麗にまとまりま [続きを読む]

受信: 2005/01/31 08:26

» AIR 第4話 びえ〜ん泣いたよぉ [いぬ日記]
● AIR 第4話「はね -plume-」。佳乃(かの)が中心の話。一緒に見た、えぎょ@さくらぷらすα日記と号泣しました。 ● 「身代わり」なんて... [続きを読む]

受信: 2005/02/02 18:26

» アニメ感想 AIR(BS-i) 第4話「はね」 [ちょっとだけ雑草]
観鈴ちんは「ケチ」って言う。美凪は「…ちっす」って言う。 佳乃は「複雑骨折も内臓破裂もへのカッパっ! 目から光線も膝からミサイルもロケットパンチもへのカッパっ... [続きを読む]

受信: 2005/02/03 19:23

» エアー [Phantom Moon]
AIR:その羽は人々の思いを、夢を紡ぐ…思いを込めるのです悲しみの輪廻を断ち切るために─それが出来るのは…あなたしか、いない佳乃編終了。ぶっちゃけ青空は卑怯なの... [続きを読む]

受信: 2005/02/18 21:14

» AIR 第四話 〜はね〜 [店長情報局]
今回で一応佳乃の話は終了ですね。 佳乃の話は原作でもサブストーリー程度ですので微妙に盛り上がりは欠けるわけですが後の伏線にもなるような部分なので・・・。 合... [続きを読む]

受信: 2005/02/26 16:01

» AIR第4話[はね-plume-] [エロゲー感想]
感想が遅れてしまいましたが、第4話のこと書きたいと思います。 今回は前回書いたとおり佳乃シナリオが一段楽しました。 12話しかないのに、佳乃や美凪のシナ... [続きを読む]

受信: 2005/02/28 04:33

» アニメ感想 AIR(BS-i) 第4話「はね」 [ちょっとだけ雑草]
観鈴ちんは「ケチ」って言う。美凪は「…ちっす」って言う。 佳乃は「複雑骨折も内臓破裂もへのカッパっ! 目から光線も膝からミサイルもロケットパンチもへのカッパっ!」って言う……。 この4話を鑑賞する前に原作をやり直して、改めて京アニの方々の凄さを知りました。..... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 11:17

« 【当選】劇場版『AIR』先行鑑賞会 | トップページ | 【感想】『AIR』第五話「つばさ -wing-」 »